1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの急性脳炎・急性脳症 症状とケア【医師監修】

赤ちゃんの急性脳炎・急性脳症 症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
母の手と白いマットレスに眠っている幼児の体温 39 度。赤ちゃん概念で発熱を測定します。
14951893/gettyimages


赤ちゃんの病気【急性脳炎(きゅうせいのうえん)・急性脳症(きゅうせいのうしょう)】って?

感染症が悪化して意識障害やけいれんを起こします。一刻も早い入院治療が必要です。

急性脳炎・急性脳症の主な症状

・発熱
・けいれん
・嘔吐
・顔色が悪い
・意識障害

急性脳炎・急性脳症になりやすい月齢・年齢

新生児期〜

急性脳炎・急性脳症になりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

関連:川崎病、急性脳炎…赤ちゃんに発症する恐れがある難病は?その症状は?小児科医が解説

赤ちゃんの急性脳炎・急性脳症 こんな病気

ウイルスや細菌が原因で、または原因不明で意識障害などが起こります

インフルエンザウイルス、麻疹ウイルス、百日ぜき菌などの感染、または不明な原因から脳が腫れたり炎症を起こし、意識障害やけいれん、手足のまひなどの症状が急激に現れる病気。発生頻度が高い病気ではありませんが、発症すると死亡することもあり、治っても運動障害や知的障害などの重い後遺症を残すことがあります。以前は炎症の反応が見られるかどうかで、急性脳炎と急性脳症を分けていましたが、はっきり区別がつかないことも多いため、最近ではまとめて扱うようになっています。

ぐったりしてウトウトしている、体を揺らしても起きないなどの意識障害や、けいれんや嘔吐を繰り返す、目の前にないものにおびえるなど幻覚・幻視が起こった場合は危険な状態です。夜中でも至急受診してください。

関連:【小児科医監修】赤ちゃんの痙攣は即受診?受診の目安と医師に伝えるべきこと9

赤ちゃんの急性脳炎・急性脳症 治療&ホームケア

脳のむくみやけいれんなどの症状を抑える治療を行います

発症したらとくに有効な治療法はありません。早期発見・早期治療をしても重い後遺症が残ることがあります。基本的には入院して治療します。脳の浮腫(むくみ)を取る脳圧降下剤を点滴し、原因になっているウイルスや細菌に適した薬も投与します。さらに、けいれんがあるときは抗けいれん薬を使い、必要に応じてステロイド薬を使うこともあります。

かかると進行が早い怖い病気です。急性脳炎・急性脳症から子どもを守るには、原因となる感染症を予防したり、かかった場合に症状が軽く済むようにすることが大切です。DPT-IPV、MR、インフルエンザなどの予防接種は早めにもらさず受けるようにしてください。

関連:赤ちゃんのけいれん やっていいこと・ダメなこと

監修:横田俊一郎 先生 横田小児科医院 院長 東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区) 小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

■赤ちゃん その他の病気
川崎病
熱性けいれん
てんかん
髄膜炎
急性脳炎・急性脳症
子どものがん(白血病・神経芽腫・脳腫瘍)
食物アレルギー
貧血
早発乳房
肛門周囲膿瘍
肛門裂

■ママ・パパが気になる!赤ちゃんの症状
憤怒けいれん・泣き入りひきつけ

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
そのおもちゃ、大丈夫? 知っておきたい安全・安心なおもちゃの選び方

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事