1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの川崎病 症状とケア【医師監修】

赤ちゃんの川崎病 症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子温度計
ia_64/gettyimages


赤ちゃんの病気【川崎病(かわさきびょう)】って?

乳幼児に多い原因不明の病気。完治後は定期的に冠動脈の状態を調べます。

川崎病の主な症状

・5日以上続く発熱
・発疹
・手足の腫れ
・目の充血

川崎病になりやすい月齢・年齢

生後6ヶ月~4歳

川崎病になりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

関連:川崎病、急性脳炎…赤ちゃんに発症する恐れがある難病は?その症状は?小児科医が解説

赤ちゃんの川崎病 こんな病気

血管が炎症を起こし特徴的な症状が現れます

全身の血管が炎症を起こす原因不明の病気で、4歳以下の乳幼児が患者の80%以上を占めます。【1】5日以上続く40度近い高熱、【2】手足の赤い腫れ、【3】不定形の赤い発疹、【4】目の充血、【5】真っ赤な唇や赤くブツブツしたいちご舌、【6】頸部のリンパ節の腫れ、のうち、5つそろえば川崎病、4つでも冠動脈瘤があれば川崎病と診断されます。まれですが、心臓や血管に動脈瘤が残ることがあります。

関連:原因不明の病気「川崎病」患者が急増。症状や治療法、増加の原因は?

赤ちゃんの川崎病 治療

入院して治療を行い、退院後も経過観察が必要です

入院治療が基本で、ガンマグロブリンという薬を点滴します。発症8日以内にガンマグロブリンでの治療を始めると、冠動脈への合併症を減らすことができます。軽症で1週間~10日程度、症状によっては2~3週間程度入院し、冠動脈瘤ができないか観察することもあります。また、退院後も少なくとも5年間くらいは、定期的に冠動脈の状態を超音波で調べる必要があります。

川崎病の特徴的な症状

関連:風邪の症状がないのに高熱と発疹…1才児に発症した原因不明の病気とは~救急医療の現場から#12

監修:横田俊一郎 先生 横田小児科医院 院長 東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区) 小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

■赤ちゃん その他の病気
川崎病
熱性けいれん
てんかん
髄膜炎
急性脳炎・急性脳症
子どものがん(白血病・神経芽腫・脳腫瘍)
食物アレルギー
貧血
早発乳房
肛門周囲膿瘍
肛門裂

■ママ・パパが気になる!赤ちゃんの症状
憤怒けいれん・泣き入りひきつけ

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方<PR>

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事