SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 赤ちゃんの肛門周囲膿瘍 症状とケア【医師監修】

赤ちゃんの肛門周囲膿瘍 症状とケア【医師監修】

更新

母の抱擁で泣いている赤ちゃんです。新生児と乳児の健康概念。誕生日と母のテーマの愛。
Shutter2U/gettyimages

乳幼児期に注意したい病気はほかにもたくさんあります。なってしまったときに正しい対処ができないと、赤ちゃんによけいつらい思いをさせてしまうことも。この中には重症化しやすい病気もあるので、あらかじめきちんとした知識を持っておきましょう。


赤ちゃんの肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)って?

直腸内の細菌や皮膚の細菌の感染でできた膿が、瘻管(膿の管)を通って肛門付近に出てきたものです。乳児期は抵抗力が弱く、細菌が皮下に感染しやすいために起こります。肛門のまわりが真っ赤に腫れ、排便のときに痛がることがあります。

肛門周囲膿瘍の主な症状

・不機嫌
・赤く腫れる
・膿が出る

肛門周囲膿瘍になりやすい月齢・年齢

新生児期~

肛門周囲膿瘍になりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

赤ちゃんの肛門周囲膿瘍 治療&ホームケア

抗菌薬を服用し、膿は切開して出すことも

症状が軽いものはそのまま様子を見ますが、膿がたくさんたまった場合は、切開して取り除きます。抗菌薬を服用することもあり、また、漢方薬が有効なこともあります。膿を出せば腫れはなくなり、痛みも和らぎますが、繰り返すことが多いのが特徴です。

監修:横田俊一郎 先生

■赤ちゃん その他の病気
川崎病
熱性けいれん
てんかん
髄膜炎
急性脳炎・急性脳症
子どものがん(白血病・神経芽腫・脳腫瘍)
食物アレルギー
貧血
早発乳房
肛門周囲膿瘍
肛門裂

■ママ・パパが気になる!赤ちゃんの症状
憤怒けいれん・泣き入りひきつけ

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』
最新!赤ちゃんの病気新百科

Amazonで購入

楽天ブックスで購入

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。