1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの貧血 症状とケア【医師監修】

赤ちゃんの貧血 症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アジア親手保持新生児指
paulaphoto/gettyimages

乳幼児期に注意したい病気はほかにもたくさんあります。なってしまったときに正しい対処ができないと、赤ちゃんによけいつらい思いをさせてしまうことも。この中には重症化しやすい病気もあるので、あらかじめきちんとした知識を持っておきましょう。


赤ちゃんの貧血(ひんけつ)って?

赤ちゃんの貧血には溶血性貧血、未熟児貧血などもありますが、最も多いのは鉄欠乏性貧血です。赤血球の中に含まれるヘモグロビンの濃度が正常より低くなった状態で、顔色が悪い、食欲が落ちて体重が増えないなどの症状が現れますが、気づかれないことも多い病気です。

貧血の主な症状

・顔色が悪い
・不機嫌

貧血になりやすい月齢・年齢

新生児期~

関連:乳幼児期に気をつけたい病気 【0~1歳】 赤ちゃんがかかりやすい病気の話

赤ちゃんの貧血 治療&ホームケア

鉄剤の服用と並行して鉄分の多い食事を食べさせます

鉄分はある程度貯える必要があるため、数ヶ月間、鉄剤を服用することがあります。また、レバーやひじき、小松菜など鉄分を多く含む食品を食べさせましょう。

代表的な薬

・鉄剤(インクレミンなど)

関連:顔色が悪い赤ちゃん、意外な原因「小児科医・陽ちゃん先生の診察室だより#1」

監修:横田俊一郎 先生 横田小児科医院 院長 東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区) 小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

■赤ちゃん その他の病気
川崎病
熱性けいれん
てんかん
髄膜炎
急性脳炎・急性脳症
子どものがん(白血病・神経芽腫・脳腫瘍)
食物アレルギー
貧血
早発乳房
肛門周囲膿瘍
肛門裂

■ママ・パパが気になる!赤ちゃんの症状
憤怒けいれん・泣き入りひきつけ

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
<PR>赤ちゃん返りがなくなる!? 大人気の人形“はなちゃん”って知ってる?

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事