SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 1歳~
  4. 2歳以上

子どもの育児 生後2歳以上

【医師監修】生後2歳以上 育児の基本情報

生後2歳以上の子どもの発育・発達

監修医師:あさかクリニック理事長 若江恵利子先生

発育の様子がゆるやかに。心はどんどん発達

できる運動が増え、その場でジャンプも。自立心が強くなり、着替えなどを自分でしたがります。

その場でジャンプも。乳歯が生えそろうころ

発育はさらにゆるやかになります。赤ちゃん体形からすらりとした幼児体形になってきます。足の機能が発達し、その場でジャンプができる子もいます。乳歯が生えそろってきて、薄切り肉や大きめに切ったにんじんなどのかためのものをかんで飲みこめるようになります。

自分で何でもしたがります

身体的な発育がゆるやかになる一方で、心は急激に成長する時期です。自分という意識が強くなり、したいことや好きなことがはっきりしてきて、自分で何でもやりたがります。これは自立心がはぐくまれている証。子どもの気持ちを尊重しながら対応していきましょう。個人差がありますが、名前や年齢を聞くと答えるようになる子もいます。

生後2歳以上の子どもとの生活とお世話のポイント

監修医師:かずえキッズクリニック 院長 川上一恵先生

困ることも多いけれど、楽しいことも

自立と甘えの間で揺れる気持ちをおおらかに受け入れましょう。おむつはずれ(トイレトレーニング)を本格的に始めてもいいでしょう。

この時期の子どもとの生活とお世話

●子どもの健康のために時間のコントロールを

自我が強くなってくるので、ママやパパが「そろそろ家に帰ろうね」「おふろの時間だよ」と誘っても、激しくイヤイヤすることも。子どもの意思は大切にしてあげたいものの、一方で規則正しい生活を送るために、ママやパパが時間のコントロールをする必要があります。公園から帰る時間を守る、外から帰ったら手を洗う、夜寝つくまでのルーティンを整えるなど、一日のなかの節目で声をかけて。繰り返し実行することで身につきます。

●おやつの与え方に注意しましょう。むし歯対策にも気をつけて

食事は1日3回、おやつは基本的には午前と午後に1回ずつ与えます。そろそろお菓子を口にする機会も増えてくるようですが、チョコレートやクッキーなどの甘くてむし歯になりやすいお菓子は与えすぎないように注意。あめ玉は誤えんの危険もあるので、控えましょう。食べているときは歩き回らせないことも大切です。また、食後に歯磨きをする、食事やおやつは時間を決めてダラダラ食べないなども、気をつけましょう。だいぶ大人と同じ食べ物が食べられるようになりますが、薄味で素材本来のおいしさを教えてあげましょう。

●食べ物での窒息について

丸くて小さい食べ物は窒息の危険があります。ピーナツなどのナッツ類・乾燥した豆類・あめ玉などは5才になるまでは食べさせないで。また、ミニトマト・ぶどう・さくらんぼ・うずら卵・球形チーズ・ウインナは小さく切ってから食べさせましょう。

●子どもの心に芽生える自立と甘えの気持ちの両方を理解して

泣いたり、怒ったり、わがままを言ったり、食べ物の好き嫌いをしたりしてママを困らせることもありますが、それは情緒が複雑に発達してきた証拠です。この時期は、自立と甘えの間で揺れているので、急にベッタリと甘えてくることもあります。何でも自分でやりたいと思う反面、ママやパパに見守っていてほしい気持ちも強いのです。子どもに振り回されているととらえるのではなく、揺れる気持ちを受け止めて、ほどよい距離で見守りましょう。

3歳健診

3歳0ヶ月から3歳6ヶ月ごろに行われます。体や心の発達はもちろん、言葉の発達や集団生活での様子など、気になっていることを相談しましょう。
成長が著しい時期で、自分でできることが増え、ほぼ会話が成り立つぐらい言葉も出るようになります。健診では歯科健診でむし歯のチェックや歯磨き、栄養指導なども行います。視力・聴力は事前に自宅に検査キットが送られてきて自宅で試す場合も(※各自治体で異なります)。尿検査は当日の朝、採尿して持参します。

健診内容
●身体測定●視覚●聴覚●尿検査●内科健診●歯科健診●歯磨き指導●栄養指導●手指の発達(お絵かき)●運動能力(歩き方、ジャンプ、片足立ち)●言葉の理解(名前や年齢を言う)など

おむつはずれ(トイレトレーニング)について

2歳を過ぎると「1人で歩ける」「おしっこの間隔があく」「言葉を理解する」という「3つの条件」がそろってくるころ。「トイレでおしっこしよう」と誘い始めましょう。おしっこの間隔に合わせたり、朝起きたときや食後など生活の節目を目安に、ママやパパが毎日続けられる方法で誘いましょう。おしっこが出る、出ないよりも、ママやパパが誘って1日に何回かトイレに行って座ることから習慣にしていくといいでしょう。
トイレでおしっこができた!という成功体験が増えてきたら、おむつをとって布パンツをはかせてみるのもいいでしょう。お兄(姉)ちゃんになったような気分でやる気になる子も。日中のおむつがはずれる目安は3歳代です。でも、肌に触る感覚の違いや、おむつに比べてスカスカした感じを不安に感じる子もいるので、無理させる必要はありません。子どもが「おしっこ」と教えてくれなくても、誘い続けることは大切ですが、ついつい誘いすぎると、逆に子どもが反抗的になったり、トイレを嫌いになったりすることも。子どものペースを尊重しましょう。

生後2歳以上の親子のコミュニケーション

監修:相模女子大学学芸学部子ども教育学科准教授 金元あゆみ先生

興味を広げる体験や、じっくり遊びこめる空間を

イヤイヤすることも増えてきます。生活に遊びを取り入れながら、おおらかな気持ちで成長を見守りましょう。

どっちどっちゲーム♪

なんでもイヤ!と言ってみる2才代。着替えなどのときには、「どっちにする?」と2つ見せて本人に選ばせるとスムーズにいったりします。「どっちどっちゲーム♪」と声をかけて、イヤイヤで困った!を楽しく遊びにしてみましょう。

嫌がるトイレは電車ごっこでGO!

遊びに夢中だったり気が向かないと、いくら誘っても「トイレ、イヤ!」。そんなときは、「ガタンゴトーン、ガタンゴトーン、次はトイレ、次はトイレでーす」と、電車ごっこで誘って楽しくトイレへ。いろいろな生活シーンに遊び心を加えて、親子で楽しみましょう。

育児中にオススメの本・アプリ

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

毎日のお世話を基本からていねいに解説。
新生児期からのお世話も写真でよくわかる! 月齢別に、体・心の成長とかかわりかたを掲載。
ワンオペおふろの手順など、ママ・パパの「困った!」を具体的なテクで解決。
予防接種や乳幼児健診、事故・けがの予防と対策、病気の受診の目安などもわかりやすく紹介しています。
切り取って使える、「赤ちゃんの月齢別 発育・発達見通し表」つき。

Amazonで購入

楽天ブックスで購入

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数や生後日数に合わせて、赤ちゃんの成長や、専門家からのアドバイスなど、妊娠日数や生後日数に合った情報を“毎日”お届けします。妊娠育児期にうれしいおトクなクーポンもあります。

ダウンロード(無料)

2歳以上~ ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

1才半の女の子ママです。最近イヤイヤ期になり、自分のいやなことや怒ったりすると「イヤ、イヤ」と言います。なので薬なんかも飲んでくれません。最近夜中や朝方にかすごくせき込みます。主人もビックリして目覚めるくらいのせき込み方です。私も目覚めてしまい気になって眠れません。昼間はそんなに気になることはないのですが夜中や朝方だけせきがすごいです。部屋の空気が悪いのでしょうか。それとも何か病気なのでしょうか。薬の飲み方もいいのがあれば教えてほしいです。
日中はあまりせきが出ず、夜中や朝方にひどくせき込む状態はぜんそくを疑います。…
1歳10カ月になる息子がいます。言葉が遅く、ワンワンやブーブーも言わず、チャッチャッ……だけは話します。こちらの話すことはわかってるようですし、息子が訴えることも、その場の雰囲気でわかります。家で話すときは、あまり幼児語は使ってません。それが影響しているのでしょうか?しばらく見守るべきですか?
言葉が遅いお子さんは、理解はしているけれど発語(言葉を発すること)が遅いというこ…
今1才10カ月です。もともと21時過ぎには寝ていたのがどんどん夜更かしになり、今では1時過ぎになっても寝つかないこともあり、まいっています。当然朝起きるのも遅くなって、10時ごろ起きることもあります。早く起きたとしても昼寝を2回して、結局夜寝るのが遅くなります。ここの相談でもよく同様の質問がありますが、回答に、早く起こしましょう、昼寝が多いなどありますが、どうやって起こしたらいいのですか?たたいたり揺すったりするわけにはいかないし、起こし方がわかりません。またたとえ早起きしても、結局昼寝の回数や時間で帳じりを合わせ、遅寝するわが子をどうしたらいいのでしょうか?
たたいたり揺すったりする必要はありません。時間になったら抱っこして布団から出し、…
1才10カ月の男の子です。下の子が生まれてから、またおっぱいを欲しがって口を開けばおっぱいおっぱいと言ってきます。まだ夜泣きもあり、卒乳も程遠いです。どうしたら卒乳できますか?
お子さんの場合、まだまだママに甘えたい年ごろで下の子が生まれてしまい、おっぱいへ…
1歳11カ月の女の子の母親です。最近娘が自転車に乗るのを嫌がります。本人は歩きたいみたいで、すごい力で拒否反応があります。自転車で少し遠くに出かけたりしたいんですが……。自転車に拒否反応があるので休みの日は近所をお散歩しておしまいです。そんなときはベビーカーにも乗りません。保育園が少し遠いので、自転車に乗ってくれないこともあり、あせります。何かいい方法はありますか?
いわゆる自我ですね。もう赤ちゃんではないので自分が嫌なことは絶対に嫌、という時期…

赤ちゃん・育児 月齢別基本情報

赤ちゃん 生後0歳~1歳-生後0ヶ月~11ヶ月

ご出産おめでとうございます。妊娠・出産、本当にお疲れ様でした。でもこれからが本番!抱っこ、ミルク、おむつ替え、予防接種…。赤ちゃんとの新しい生活には、たくさんの「初めて」がいっぱい。そんな「初めて」だらけのこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

赤ちゃん 生後0歳~1歳-生後0ヶ月~11ヶ月

生後0歳~1歳

赤ちゃん 生後1歳~-生後12ヶ月~

だんだんと自我が芽生え「イヤ」が多くなってくるなど、心がぐんと発達していきます。親子のコミュニケーションの良い方法は?かかりやすい病気は?子どもの自我が成長しはじめるこの時期の子育てに役立つ情報を集めました。

赤ちゃん 生後1歳~-生後12ヶ月~

生後1歳~

赤ちゃんの病気・症状別・予防接種

0ヶ月~3才ごろまでの赤ちゃんの病気や事故・ケガ、ホームケアについて、症状別に詳しくわかりやすく、すぐ役に立つようにまとめました。こんなときどうする?がわかる! 初めてママの心強い味方です。症状別にすぐ引けて、まず何をして、いつ病院に行けばいいかがわかります。

赤ちゃんの病気・症状別・予防接種

0~3才の乳幼児がよくかかる病気やなりやすい病気を、体の部位別や病気の種類に分けて解説します。
「主な症状」「なりやすい月齢・年齢」「なりやすい季節」「こんな病気」「治療法&ホームケア」を記載しています。
治療方法やホームケアのしかたは、症状や赤ちゃんの状態によって異なるので、診察をした医師の診断に従いましょう。

赤ちゃんが病気になったときの症状別に、ママ・パパが何をすればよいか、を受信の前後に分けてまとめました。
また、その症状の程度によって、夜間や休日でも受信したほうがいいのか、診療時間まで待って受診すればいいのか、などの判断の目安を示しました。事故やケガが起こったときに、まず行うべき応急処置の方法も紹介しています。

予防接種は、その病気にかかると重い症状が出たり、思い後遺症が出たり、最悪の場合死に至ることもある病気を防ぐための唯一の予防手段です。赤ちゃん、子どもの予防接種は種類がたくさんあり、スケジュールを立てるのが大変ですが、ママとパパは予防接種に対する知識を深め、赤ちゃん・子どもを病気から守りましょう。

医師は赤ちゃんの様子を見て、最善と判断した薬を処方します。赤ちゃんに処方された薬の種類や効能についてしっかり理解して、病気が少しでも早く回復の向かうようにケアしてあげましょう。

きほんの離乳食

いつから?進め方は?初期から完了期まで 食材・レシピも動画で分かる きほんの離乳食

2歳以上~に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。

赤ちゃん・育児に関する新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。