SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 0歳~1歳
  4. 生後1ヶ月

赤ちゃんの育児 生後1ヶ月

【医師監修】生後1ヶ月 育児の基本情報

体重、身長ともにめざましく成長します

生後1ヶ月の赤ちゃんの発育・発達

監修医師:あさかクリニック理事長 若江恵利子先生

ふっくらとした体つきになり、ママやパパをじっと見ることも

手足をバタバタ動かすようになります。

全体的にふっくらした体つきになってきます

身長は1ヶ月で約3〜4cm伸び、体重も約1kg増えて、全体的にふっくらした体つきになります。体を反らせたり、手足をバタバタと動かすようになります。首はまだグラグラしていますが、顔を左右に動かせるようになり、明るい方を見ることも。

ママやパパをじっと見たり、あやすと反応します

昼夜の区別はまだはっきりしていませんが、次第に起きている時間が長くなります。ママやパパが声をかけると機嫌がよくなったり、少しの間、目が合ったりするなど、少しずつ表情が出てきます。抱っこされたり、体に触れられたりするのが大好きで安心するので、積極的にスキンシップを楽しんで。

生後1ヶ月の赤ちゃんとの生活とお世話のポイント

監修医師:かずえキッズクリニック 院長 川上一恵先生

1ヶ月健診を受けましょう

1ヶ月健診で成長をチェック。飲む→寝るの毎日に寄り添いましょう。

この時期の赤ちゃんとの生活とお世話

□1ヶ月健診を受けましょう
□欲しがるときに授乳しましょう
□そろそろ外気浴を始めましょう
□赤ちゃんとスキンシップを

●少しずつ起きている時間が長くなってきます

新生児期と同様、「飲んでは寝る」の繰り返しですが、少しずつ起きている時間が長くなってきます。とはいうものの、まだ昼夜の区別ははっきりしていないので、赤ちゃんのペースに合わせてお世話をしましょう。ママやパパにとって精神的・体力的につらい時期かもしれませんが、あと少しの辛抱です。1ヶ月健診でOKが出たら、大人と一緒におふろに入れるようになるので、おふろ係はパパにお願いするなど、家族などと協力しながら、乗りきりましょう。

●授乳間隔が空く場合もありますが、まだリズムは整わない時期

だんだん母乳を上手に飲めるようになってきます。授乳間隔の空く赤ちゃんもいますが、一方で頻繁に欲しがる赤ちゃんもいます。まだ授乳リズムは整わない時期なので、「欲しがったらあげる」スタイルでOK。母乳のみの場合、欲しがるときに欲しがるだけ飲ませて。ミルクのみの場合は、1日6〜7回くらいが目安です。

●周囲への興味が出てきて、あやすと反応する赤ちゃんも

周囲への興味も徐々に出てきて、メリーやガラガラの音をじっと聞いたり、あやすと反応したりすることも。ママやパパの表情の変化をよく見ているので、やさしく声をかけながら、笑顔でお世話しましょう。抱っこや体に触れられるのも大好きなので、ママやパパは慣れない育児で大変ですが、ぜひ赤ちゃんとのスキンシップを楽しんで。授乳中や抱っこのときなどに、赤ちゃんからママやパパに触れてきたときは、「おいしいね」「楽しいね」と笑顔や声かけで応えて。

1ヶ月健診について

生後1ヶ月たった赤ちゃんの様子をみます。初めての育児の不安や疑問もこの機会に相談して不安を解消しておきましょう。健診の約1時間前までに授乳をすませておきます。
赤ちゃんの全体的な成長、体重の増え方をみます。このほか、心臓の音を聞いて先天性の心臓疾患がないか、水頭症(すいとうしょう)などの病気がないか、股関節(こかんせつ)の開き具合はどうかなどを確認。体内のビタミンKが不足すると頭蓋内出血を起こすことがあるので、ビタミンK2シロップを投与します。

K2シロップについて

赤ちゃんの頭蓋内出血を予防するために、ビタミンK2シロップを飲ませます。従来は、生まれたときと生後5日目、さらに1ヶ月健診時でした。しかし、これでは出血を防げなかった事例が見られたため、生後3ヶ月までは毎週1回飲ませる方法を行っている医療機関もあります。

健診の内容 ●原始反射●おへその状態●筋性斜頸、股関節脱臼の有無●筋肉の緊張●視覚●聴覚●身体測定●診察(全体観察、皮膚の状態、胸・背中の聴診、口の中の診察、おなかの触診)●大泉門の触診●陰のう(男の子)・外陰部(女の子)の状態●問診など

大人と一緒のおふろの入り方

大人と一緒に入浴するようになると、入浴後がせわしなくなるので、入浴前に、おふろ上がりの用意をしっかり整えておくことが重要です。ママやパパが自分の体を洗っている間や、着替えている間におとなしくしていてくれるよう、お気に入りのおもちゃで遊ばせておくのもおすすめです

1.着替えなどの準備をしましょう

リビングなどのお世話スペースに、赤ちゃんの着替えやスキンケアグッズなど、湯上がりに必要なものを用意。紙おむつも広げて用意しておきましょう。

2.脱衣所にねんねスペースを作りましょう

ハイ&ローチェアなどで、ねんねスペースを作ります。床に寝かせる場合は周囲に危険なものがないか確認し、バスタオルを数枚重ねて寝かせましょう。寒い時期は、事前に脱衣所を暖めておきます。

3.ママ(パパ)が先に入浴しましょう

チェアに赤ちゃんを寝かせ、落ちないようにしっかりベルトをして待たせ、ママ(パパ)が手早く体を洗います。浴室のドアは開けておいて赤ちゃんが見えるようにすると、赤ちゃんが安心できますし、安全も確認できます。

4.赤ちゃんをお湯に慣らしましょう

赤ちゃんの体を軽くシャワーなどのお湯で流します。寒い時期は先に湯船につかってもOK。

5.赤ちゃんの体を洗いましょう

バスマットなどの上に赤ちゃんを寝かせて体を洗います。上から洗うのが基本ですが、冷えるのが心配なときは、頭は最後でもOK。くびれなど汚れがたまりやすい部分やおしりまわりもきちんと洗ってください。

6.赤ちゃんと一緒に湯船につかる

流し残した洗浄成分を落とすためにも湯船につかります。1〜3分程度が目安。

7.赤ちゃんの体をふいて、スキンケア・着替えをしましょう

脱衣所のチェアなどに赤ちゃんを寝かせ、バスタオルで赤ちゃんをくるみ手早く体をふきます。ママ(パパ)はバスローブなどをはおってから、軽くふきます。バスタオルで赤ちゃんをくるんだまま、リビングなどのお世話スペースに移動し、スキンケアをしてから義替えをしましょう。

生後1ヶ月の親子のコミュニケーション

監修:相模女子大学学芸学部子ども教育学科准教授 金元あゆみ先生

「体にタッチ」や「見る」刺激でワクワク遊ぼう

周囲への興味が少しずつ出てきて、あやすと反応したりガラガラを見つめるようにも。

おなかはどんな音がするかな~「ブブブー」

赤ちゃんのおなかに口を当てて、息を吹きかけると「ブブブー」と音がします。赤ちゃんはくすぐったさ、音のおもしろさ、ママやパパとの一体感で喜びます。赤ちゃんが楽しくなるコツ、それはママやパパが楽しむことです。ママやパパもどんどん笑って楽しみましょう。楽しさは伝わるもの。そして楽しい刺激は、脳や心を豊かに発達させます。「あー」と声を出したりしても、肌に触れる息や音の振動を感じて楽しめます。また、服を着たまま試すならうちわで風を送ってみるのも1つの方法。風の強さや風を当てる場所を変えて、喜ぶポイントを探して。

見て見て~これはなにかな~

白・黒のほかに、赤など明るく目立つ色のおもちゃを見せると、わかりやすく楽しめます。見る刺激がいいからと、欲張って一度にあれもこれもと見せる種類を増やしてしまうと、赤ちゃんの脳は疲れてしまうので、1つのおもちゃでゆっくり楽しみましょう。手作りメリーをつるしてみてもOK。丸く切ったボール紙に適当に柄を描き、まわりに4つくらいリボンをつけて、天井からつるし、手でちょっと回してあげれば、手作りメリーに。まだぼんやりとしか見えていませんが、「何かあるぞ」「動いているぞ」と見つめるようになっていきます。

育児中にオススメの本・アプリ

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

毎日のお世話を基本からていねいに解説。
新生児期からのお世話も写真でよくわかる! 月齢別に、体・心の成長とかかわりかたを掲載。
ワンオペおふろの手順など、ママ・パパの「困った!」を具体的なテクで解決。
予防接種や乳幼児健診、事故・けがの予防と対策、病気の受診の目安などもわかりやすく紹介しています。
切り取って使える、「赤ちゃんの月齢別 発育・発達見通し表」つき。

Amazonで購入

楽天ブックスで購入

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数や生後日数に合わせて、赤ちゃんの成長や、専門家からのアドバイスなど、妊娠日数や生後日数に合った情報を“毎日”お届けします。妊娠育児期にうれしいおトクなクーポンもあります。

ダウンロード(無料)

生後1ヶ月 ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

1カ月の赤ちゃんです。最近顔に小さなポツポツが出てきました。おでこを中心に出ています。病院に行ったほうがいいのでしょうか?
新生児から4カ月くらいまでの赤ちゃんは顔が脂っぽいのが特徴です。…
1カ月になります。おっぱいを飲ませているとむせることがあります。飲ませ始めもなかなかくわえられません。舌が短いような感じを受け、舌小帯異常(ぜっしょうたいいじょう)じゃないかと不安です。
舌小帯というのは舌の裏側の真ん中についているひだです。…
1カ月の息子を育ててます。母乳育児を考えてるんですが、おっぱいをあまり吸おうとしてくれず、一応毎回授乳のたびにおっぱいをくわえさせてますが、どんどんおっぱいが出なくなってきました。完全母乳で育てたいのですが、あきらめたほうがいいですか?
一応、毎回おっぱいをくわえさせているということは、ミルクとの混合栄養なのでしょう…
生後1カ月が過ぎました。10分ほどで着くスーパーがあるのですが、散歩がてら一緒に行ってはいけないでしょうか?
外気浴は始めていますか?まずは外の空気に慣れさせることから始めましょう。…
赤ちゃんの服装のことですが、本に「1カ月過ぎたら、大人より1枚少なめ」と書いてありました。本当に風邪をひかないですか?私はそこまで気にしてないんですが義母にすごく注意されます。
赤ちゃんの体格にもよりますが、新生児は大人より1枚多め、1~3カ月は…

赤ちゃん・育児 月齢別基本情報

赤ちゃん 生後0歳~1歳-生後0ヶ月~11ヶ月

ご出産おめでとうございます。妊娠・出産、本当にお疲れ様でした。でもこれからが本番!抱っこ、ミルク、おむつ替え、予防接種…。赤ちゃんとの新しい生活には、たくさんの「初めて」がいっぱい。そんな「初めて」だらけのこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

赤ちゃん 生後0歳~1歳-生後0ヶ月~11ヶ月

生後0歳~1歳

赤ちゃん 生後1歳~-生後12ヶ月~

だんだんと自我が芽生え「イヤ」が多くなってくるなど、心がぐんと発達していきます。親子のコミュニケーションの良い方法は?かかりやすい病気は?子どもの自我が成長しはじめるこの時期の子育てに役立つ情報を集めました。

赤ちゃん 生後1歳~-生後12ヶ月~

生後1歳~

赤ちゃんの病気・症状別・予防接種

0ヶ月~3才ごろまでの赤ちゃんの病気や事故・ケガ、ホームケアについて、症状別に詳しくわかりやすく、すぐ役に立つようにまとめました。こんなときどうする?がわかる! 初めてママの心強い味方です。症状別にすぐ引けて、まず何をして、いつ病院に行けばいいかがわかります。

赤ちゃんの病気・症状別・予防接種

0~3才の乳幼児がよくかかる病気やなりやすい病気を、体の部位別や病気の種類に分けて解説します。
「主な症状」「なりやすい月齢・年齢」「なりやすい季節」「こんな病気」「治療法&ホームケア」を記載しています。
治療方法やホームケアのしかたは、症状や赤ちゃんの状態によって異なるので、診察をした医師の診断に従いましょう。

赤ちゃんが病気になったときの症状別に、ママ・パパが何をすればよいか、を受信の前後に分けてまとめました。
また、その症状の程度によって、夜間や休日でも受信したほうがいいのか、診療時間まで待って受診すればいいのか、などの判断の目安を示しました。事故やケガが起こったときに、まず行うべき応急処置の方法も紹介しています。

予防接種は、その病気にかかると重い症状が出たり、思い後遺症が出たり、最悪の場合死に至ることもある病気を防ぐための唯一の予防手段です。赤ちゃん、子どもの予防接種は種類がたくさんあり、スケジュールを立てるのが大変ですが、ママとパパは予防接種に対する知識を深め、赤ちゃん・子どもを病気から守りましょう。

医師は赤ちゃんの様子を見て、最善と判断した薬を処方します。赤ちゃんに処方された薬の種類や効能についてしっかり理解して、病気が少しでも早く回復の向かうようにケアしてあげましょう。

きほんの離乳食

いつから?進め方は?初期から完了期まで 食材・レシピも動画で分かる きほんの離乳食

0歳~1歳に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。

赤ちゃん・育児に関する新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。