SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 1歳~
  4. 1歳4~7ヶ月

赤ちゃんの育児 生後1歳4〜7ヶ月

【医師監修】生後1歳4〜7ヶ月 育児の基本情報

運動量が増え、スマートに

生後1歳4〜7ヶ月の赤ちゃんの発育・発達

監修医師:あさかクリニック理事長 若江恵利子先生

上手に歩ける子が増え、自己主張が盛んに

小走りや階段上りもできるようになり、なんでも自分でやりたがるころです。

上手に歩けるようになり、奥歯が生え始める子も

1歳6ヶ月までにはほとんどの子が歩けるようになります。しだいに自然な歩き方になり、中には、小走りができる子もいます。積み木を積んだり、ボールを投げる、クレヨンでなぐり書きをするといった指先で力加減を調節するこまかい動作ができるようになります。離乳食は1歳6ヶ月ごろで完了。前歯が生えそろい、奥歯が生え始める子もいます。

自己主張がさらに激しくなり、ごっこ遊びが楽しめます

自己主張がさらにはっきりしてきて、拒否する、すねる、嫉妬(しっと)するといった大人と同じ感情を表現するようになります。自分でやりたいという気持ちが強くなり、道具を使って大人のまねが上手にできるころなので、手洗いや歯みがきなどの生活習慣を身につけていく時期。想像力が豊かになるので、お店屋さんごっこ、お医者さんごっこなどのごっこ遊びが楽しめます。

生後1歳4〜7ヶ月の赤ちゃんとの生活とお世話のポイント

監修医師:かずえキッズクリニック 院長 川上一恵先生

行動範囲が広がり、目が離せません

そろそろ離乳食は卒業のころです
危険を取り除いて、事故を防ぐ環境を整えよう

この時期の子どもとの生活とお世話

□手洗いや歯磨きなどの習慣をつけましょう
□絵本の読み聞かせをしましょう
□1歳6ヶ月健診を受けましょう

●靴を履いてお散歩へ出かけ、たっぷりあんよさせて

多くの子が歩き始め、靴を履いて上手に歩けるようになります。なかには、小走りしたりする子も。天気のいい日はお散歩に出かけ、たっぷり歩くことを楽しみましょう。また、大人のすることに興味を持つので、手洗いや歯磨きなどの生活習慣が身につくよう、ママやパパはお手本を示してあげて。歯磨きは、子どもがママやパパのまねをして歯ブラシを使ったあと、ママやパパが仕上げ磨きをしてあげましょう。

●栄養のほとんどは離乳食からとるように

離乳食は最終ステップに入り、ほとんどのエネルギーは離乳食からとるようになります。離乳食を1日3回しっかり食べていれば、食後の授乳がなくなる子も。まだ甘えて母乳やミルクをほしがる子もいますが、案外あっさり卒業するケースも多いようです。モグモグして食べることが上手になったら、少しずつ幼児食へすすめましょう。まだ手づかみ食べが中心ですが、スプーンやフォークも少しずつ使えるようになってきます。

●積極的に言葉をかけましょう。遊びを通して生活習慣も教えて

毎日の生活の中で、ママやパパとのやりとりを通して生活習慣を覚えていく時期です。ママやパパは一方的に語りかけるのではなく、子どもの反応を見ながら、ゆっくり語りかけたり、宅配便ごっこや電車ごっこなどで遊んだりして、言葉の発達を促して。遊びながら、お片づけなどの習慣も少しずつ教えていきましょう。寝る前などに、絵本の読み聞かせを習慣にするのもおすすめ。

立っち、あんよのころの室内の事故・けがで気をつけたいこと

あんよで動き回ったり手先が器用に動かせるようになったりするため、いたずらから事故に発展することが増えていきます。歩き方はおぼつかないので、よろけたときにけがをする可能性も高いです。立っちをするようになると目線が変わり、ローテーブルやテレビ台などに置かれたものがよく見えるため、つい手を出したくなります。また、歩き方が不安定なので、よろけた拍子に家具などにぶつかったり転落することも。常に危険と隣りあわせと考え、すべての部屋に危険対策を施しましょう。

<キッチン・ダイニング>
電気製品や刃物など危険なキッチングッズは、手が届かない1m以上の高さに収納するか、引き出しや棚にロックをかけて開けられないようにします。ダイニングでは熱い料理を触ってやけどをしないように、手が届かない位置に置いて。キッチンの出入り口にロックつきのゲートをつけるのもおすすめ。

<リビング>
リビングは物が多い部屋なので、家具にぶつかったり、置いてあるものに足を取られ転倒することが。また、引き出しや加湿器などをいたずらしようとして、けがややけどをすることもあります。窓やベランダからの転落にも注意。危険防止グッズを活用し、安全な環境を整えてください。

<寝室>
ベビーベッドの中に余計なものがあると、それを踏み台代わりにして転落することがあります。また、プラグをなめて感電する危険もあるので、コンセントを専用グッズで覆ったり(※リビングなども同様)、使わない家電のプラグは抜くなどの対策を取りましょう。

<おふろ・洗面所>
浴槽や洗濯機をのぞき込んで落ちるなど、溺水の危険が高まる時期です。浴槽や洗濯機の水は必ず抜き、近くに踏み台になるようなものを置かないようして。浴室には鍵をかけ、洗面所にはゲートをつけましょう。

<階段・玄関>
階段を自由に出入りできないよう、ロックつきのゲートを活用して。階段に物があるとつまずいて危ないので、障害物は取り除いて。玄関を勝手に開けて手足をはさまないよう、鍵は必ずかけ、ドアを閉めるときは十分注意しましょう。

生活習慣の教え方

<着替え>
着替えのときに自ら手や足を動かしたり、靴下を引っ張って脱ごうとするのは子どもが「自分で!」という気持ちになったサイン。でも、すぐに上手にできるわけではありません。まずは、子どもにとって動きやすく着替えが楽な衣類を選びましょう。1人で着替えができるようになるまで、ママやパパが上手にサポートしてあげて。大人のまねが好きな時期ですから、ママやパパがお手本を見せましょう。

<片づけ>
1〜3歳では、ママやパパが片づけることの必要性をいくら説明しても子どもには伝わりません。まずは子どもが遊んだおもちゃ類は、親が手本となって毎回同じ場所に片づければ、どこに何があるかを子どもがわかるようになります。そして、子どもが十分遊んだあとや食事の前など、きりのいいところで、言葉をかけて一緒に楽しく片づけましょう。1歳代は大きなおもちゃ箱に何でもまとめてしまう方法でもOK。2、3歳になったら、「クレヨンはここ」、「積み木はここ」というように小さなカゴや箱を利用し、次に使うときを意識した片づけにステップアップするといいでしょう。

1歳6ヶ月健診

赤ちゃん時代を卒業する節目でもあるので、必ず受けましょう。言葉でのコミュニケーションもとれるようになるので、その様子も確認します。
ほとんどの自治体で無料で実施。体も心も飛躍的に発達し、ほとんどの子があんよができるようになり、視聴覚の発達も判断しやすくなる重要な時期。とくに、歩いたときの体のバランスや足の運びをみます。歯もだいぶ生えてくる時期なので、同時に歯科健診を行う地域もあります。

健診内容●視覚●聴覚●ひとり歩きの様子●手指を使って遊ぶ様子●言葉の表出●問いかけへの理解・反応●身体測定●診察(全体観察、皮膚の状態、胸・背中の聴診、口の中の診察、おなかの触診、大泉門の触診)●陰のう(男の子)、外陰部(女の子)の状態●問診など

生後1歳4〜7ヶ月の親子のコミュニケーション

監修:相模女子大学学芸学部子ども教育学科准教授 金元あゆみ先生

生活習慣を遊びに取り入れていこう

さらにまねっこ遊びが好きになるので、お片づけや歯磨きなども遊びながら身につけて。ダイナミックな体遊びもトライしてみましょう。

宅配便ごっこでお片づけ

生活習慣を遊びの延長で覚えていく時期です。お片づけの意味は理解しにくいので、ママやパパと一緒に遊びながら習慣にしましょう。おもちゃ箱を宅配便などに見立て、「お荷物くださ~い」「お荷物どうぞ」などと言いながらおもちゃを一緒に箱に集めていきましょう。1つでもおもちゃを箱に入れたら、ほめてあげて。最後に一緒に収納場所まで「ブッブー」などと運び、片づいた気持ちよさも伝えましょう。

ダイナミックな体遊び

ママやパパが子どもを抱っこし、手の力を少しゆるめてママやパパにしがみつかさせて遊びます。「落ちるな~」「頑張れ~」などと声をかけながら遊んで。繰り返し遊んでみましょう。ママやパパが馬になって子どもを背中にのせてゆっくり動くのも楽しいです。落ちないようにバランスを取ったり力を入れたりして、自分の体の動きや力加減をコントロールすることにつながっていきます。

育児中にオススメの本・アプリ

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

毎日のお世話を基本からていねいに解説。
新生児期からのお世話も写真でよくわかる! 月齢別に、体・心の成長とかかわりかたを掲載。
ワンオペおふろの手順など、ママ・パパの「困った!」を具体的なテクで解決。
予防接種や乳幼児健診、事故・けがの予防と対策、病気の受診の目安などもわかりやすく紹介しています。
切り取って使える、「赤ちゃんの月齢別 発育・発達見通し表」つき。

Amazonで購入

楽天ブックスで購入

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数や生後日数に合わせて、赤ちゃんの成長や、専門家からのアドバイスなど、妊娠日数や生後日数に合った情報を“毎日”お届けします。妊娠育児期にうれしいおトクなクーポンもあります。

ダウンロード(無料)

1歳4~7ヶ月 ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

1才4カ月の男の子です。1週間以上おっぱいを飲まなかったので卒乳したと思ったら、風邪をひき、甘えからなのかおっぱいを思い出してしまったようです。発熱やせき・鼻水に加え、病院に通って(血液検査や鼻腔ファイバーもしました)不安な気持ちになっていることも考えられ、安心・落ち着かせるためにも飲ませてしまいました。まだ本調子でないこともあり、おっぱいを欲しがることもあります。子どもの体調を考え、今は甘やかしてもいいのでしょうか?
体調が戻るまでは与えていいと思います。赤ちゃんにとっておっぱいは安心感を与えてく…
1才4カ月の息子がいます。保育園での昼食やおやつはいつも完食するのですが、家での朝食、夕食はかなり食べむらがあります。保育園で寂しいのか、帰るとすぐおっぱいを欲しがるので夕食を食べないのかもしれないと思っているのですが、おっぱいを飲んだあとでも食べるときはたくさん食べます。なるべくなら自然な卒乳を目指したいのですが、断乳を考えたほうがいいでしょうか。
1才4カ月くらいの赤ちゃんなら、まだ食べむらがあるものです。…
1才4カ月になる男の子です。わりと早くから指しゃぶりが始まり、寝るときは必ず指しゃぶりをしています。最初はあまり気にしてなかったのですが、しゃぶる指に大きいたこができて乾燥してひび割れています。本人がやめるまで見守ったほうがいいのかわかりません。やめさせ方もわかりません。どうすればいいですか?
2カ月の赤ちゃんはみんな指しゃぶりを始めます。赤ちゃんは吸うことが大好きであり、…
1歳5カ月になる女の子のママです。以前から甘えん坊ではありましたが、最近とくにおっぱいばかり欲しがります。寝るときはもちろん添い乳をしないと寝ませんし、夜中もうなされて「ぱいぱい……」と探してくわえます。昼間も気づくとぱいぱいです。ごはんがたりないのでしょうか。お友だちと比較すると、よく食べるほうみたいです。おやつはいもやヨーグルトなどを食べています。あまり気にしないで大丈夫でしょうか。
おなかがすくからおっぱいを欲しがるのではなく、単におっぱいが大好きだからです。…
1歳5カ月の息子がいます。うちの子は突発性発疹(とっぱつせいほっしん)を2回のほか、溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)、ヘルペス、ヘルパンギーナとよく感染します。普段はごはんもよく食べ外遊びも大好きです。手洗いも気をつけてよくするようにしています。まわりの子よりも感染しやすい気がするのですが原因がわかりません。体質なのか体が弱いのか。予防策もあったら教えてほしいです。
突発性発疹はほとんどのお子さんがかかります。これは主にママから感染します。…

赤ちゃん・育児 月齢別基本情報

赤ちゃん 生後0歳~1歳-生後0ヶ月~11ヶ月

ご出産おめでとうございます。妊娠・出産、本当にお疲れ様でした。でもこれからが本番!抱っこ、ミルク、おむつ替え、予防接種…。赤ちゃんとの新しい生活には、たくさんの「初めて」がいっぱい。そんな「初めて」だらけのこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

赤ちゃん 生後0歳~1歳-生後0ヶ月~11ヶ月

生後0歳~1歳

赤ちゃん 生後1歳~-生後12ヶ月~

だんだんと自我が芽生え「イヤ」が多くなってくるなど、心がぐんと発達していきます。親子のコミュニケーションの良い方法は?かかりやすい病気は?子どもの自我が成長しはじめるこの時期の子育てに役立つ情報を集めました。

赤ちゃん 生後1歳~-生後12ヶ月~

生後1歳~

赤ちゃんの病気・症状別・予防接種

0ヶ月~3才ごろまでの赤ちゃんの病気や事故・ケガ、ホームケアについて、症状別に詳しくわかりやすく、すぐ役に立つようにまとめました。こんなときどうする?がわかる! 初めてママの心強い味方です。症状別にすぐ引けて、まず何をして、いつ病院に行けばいいかがわかります。

赤ちゃんの病気・症状別・予防接種

0~3才の乳幼児がよくかかる病気やなりやすい病気を、体の部位別や病気の種類に分けて解説します。
「主な症状」「なりやすい月齢・年齢」「なりやすい季節」「こんな病気」「治療法&ホームケア」を記載しています。
治療方法やホームケアのしかたは、症状や赤ちゃんの状態によって異なるので、診察をした医師の診断に従いましょう。

赤ちゃんが病気になったときの症状別に、ママ・パパが何をすればよいか、を受信の前後に分けてまとめました。
また、その症状の程度によって、夜間や休日でも受信したほうがいいのか、診療時間まで待って受診すればいいのか、などの判断の目安を示しました。事故やケガが起こったときに、まず行うべき応急処置の方法も紹介しています。

予防接種は、その病気にかかると重い症状が出たり、思い後遺症が出たり、最悪の場合死に至ることもある病気を防ぐための唯一の予防手段です。赤ちゃん、子どもの予防接種は種類がたくさんあり、スケジュールを立てるのが大変ですが、ママとパパは予防接種に対する知識を深め、赤ちゃん・子どもを病気から守りましょう。

医師は赤ちゃんの様子を見て、最善と判断した薬を処方します。赤ちゃんに処方された薬の種類や効能についてしっかり理解して、病気が少しでも早く回復の向かうようにケアしてあげましょう。

きほんの離乳食

いつから?進め方は?初期から完了期まで 食材・レシピも動画で分かる きほんの離乳食

1歳~に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。

赤ちゃん・育児に関する新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。