SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 0歳~1歳
  4. 生後4ヶ月

赤ちゃんの育児 生後4ヶ月

【医師監修】生後4ヶ月 育児の基本情報

喜怒哀楽がはっきりしてきます

生後4ヶ月の赤ちゃんの発育・発達

監修医師:あさかクリニック理事長 若江恵利子先生

首すわりがほぼ完成。機嫌がいいと1人遊びをすることも

感情表現が豊かになり、周囲への関心が高まります。

たて抱きをしても首がぐらつかなくなります

首がかなりしっかりしてきて、たて抱きにしてもほとんどぐらつかなくなります。頭を立てて周囲のものを見るようになることで、立体感や遠近感が理解できるようになってきます。昼夜の区別がつき始め、睡眠のリズムが整い、昼寝が1日2~3回にまとまってきます。偶然触れたものを手につかんだり、口に運んでなめるようにも。

感情を体全体で表現するようになります

あやすと笑うだけでなく手足をバタバタさせる、気に入らないことがあると体を反らせて大泣きするなど、体全体で感情を表します。発声(音声)の種類が増え「キャーキャー」などの声を出すようになる赤ちゃんもいます。機嫌のいいときは、声を出したり、周囲を眺めたりしながら1人で遊ぶこともあります。

生後4ヶ月の赤ちゃんとの生活とお世話のポイント

監修医師:かずえキッズクリニック 院長 川上一恵先生

生活リズムを整えよう

起床・就寝時間、授乳や散歩など一日の基本的なリズムを整えて

この時期の赤ちゃんとの生活とお世話

□本格的に生活リズムを整えましょう
□体を使った遊びをしましょう
□大人の食事の様子を見せましょう
□お散歩を日課に取り入れましょう

●お世話を毎日同じ時間に繰り返して

そろそろ、本格的に生活リズムを整えましょう。そのためには、まずママやパパが早起き・早寝をしてきちんと食事をとり、時間になったら赤ちゃんをお散歩に連れ出すなど、できるだけ毎日同じ時間に同じ生活をすることが大切です。そうすることで、起床、授乳、昼寝、おふろ、就寝などの流れが自然に決まってきます。とくに朝は朝日を部屋に入れパジャマから着替えたり、顔をふいたりする習慣をつけると、赤ちゃんにも一日の始まりがわかってくるでしょう。

●授乳間隔が決まり、回数は1日5〜6回ほどに。遊び飲みしたら切り上げて

授乳の間隔が決まり、母乳やミルクの回数は1日5〜6回くらいになります。ただし、母乳のみの赤ちゃんは、ミルクだけの赤ちゃんに比べて少し回数が多いようです。遊び飲みを始める子も増えますが、そんなときは「おしまいにしようね」と切り上げましょう。離乳食の開始はまだですが、スムーズなスタートをめざして、今から大人が食べている様子を見せてあげてもいいでしょう。

●体を使った遊びで触れ合いを

表情が豊かになり、ママやパパが笑いかけると笑い返してくれることも。首がしっかりしてくるので「こちょこちょしちゃうよ~」と赤ちゃんをくすぐったり、目線の高さくらいまでのミニ「たかいたかい」をしたり、体を使った遊びもおすすめ。一方で、かまってもらえないと、甘え泣きすることも。おんぶが好きな赤ちゃんは多いので、甘え泣きのときは、首がしっかりすわっていれば、10分程度ならおんぶしながら家事をするのも一つの方法です。

生活リズムの整え方のコツ

夜にまとまって寝て、昼間は起きている時間が長くなってきたら、昼と夜のリズムが整いつつあります。生活リズムは意識してメリハリをつけ、規則正しく毎日を過ごすことで整います。1日1回15〜30分程度のお散歩や、室内遊びで体力を使い、寝る1時間くらい前には入浴する習慣をつけると、早起き・早寝のリズムが作りやすくなります。大人のペースに合わせると、どうしてもリズムが乱れてしまうので、赤ちゃんの生活リズムを最優先に考えて生活することが大切です。

<おふろ>
お散歩に出かけると適度に汗もかきます。1日1回、おふろに入れて湯船につかるのは1〜3分を目安に。毎日同じくらいの時間に入れることを基本に。寝かせたい時間の直前だと、かえって目が覚めてしまうため、就寝の約1時間〜30分前には済ませましょう。

<お散歩・遊び>
お散歩は赤ちゃんの五感を刺激し、適度な疲れで夜にぐっすり眠れるという効果も。午前中の過ごしやすい時間に、15〜30分ほどを目安に出かけて。また、室内ではおもちゃを使ったり、スキンシップをとってたくさん遊んであげましょう。

<ねんね>
個人差はありますが、夜中の授乳なしで朝まで起きずに眠る子も見られるように。朝は部屋を明るくし、日中はたくさんスキンシップをとって。夜寝かしつけるときは室内の照明を落として静かに過ごし、早めのねんねを心がけて。

<飲む>
1日の授乳回数は5〜6回くらいが目安。でも、まだ夜中に何度か授乳が必要な子も。おふろ上がりの水分補給は基本には母乳・ミルクで。ミルクの場合、1日の規定量をオーバーしてしまうなら、湯冷ましや麦茶に。

生後4ヶ月の親子のコミュニケーション

監修:相模女子大学学芸学部子ども教育学科准教授 金元あゆみ先生

五感への刺激で感覚を豊かに

首がしっかりしてくる子も。体を使った遊びを取り入れて試してみましょう。

積み木でほっぺをぺたぺた

触る感覚も経験させたいころです。積み木のかたい感触なども体験させると、いつもとは違う感覚に赤ちゃんはワクワクします。いろいろな素材のおもちゃをほっぺにあてたりして遊びましょう。楽しい声かけも忘れずに。

おひざでポンポン

首もすわり、脚の筋肉もだんだん発達してくるころなので、ママやパパのおひざの上で体を使った遊びも楽しくなってきます。赤ちゃんの両わきをしっかり支え、三角座りのママやパパの太ももの上に赤ちゃんを乗せて軽く上下ポンポン動かしてみましょう。動きに強弱をつけても楽しいです。
慣れてきたら、両わきをしっかり支えてひざの上に立たせ「ピョンピョン」と軽く動かしてもいいでしょう。自分からピョンピョンする子も出てきます。足裏や足を動かす感覚を味わえる遊びを取り入れていきましょう。

育児中にオススメの本・アプリ

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

毎日のお世話を基本からていねいに解説。
新生児期からのお世話も写真でよくわかる! 月齢別に、体・心の成長とかかわりかたを掲載。
ワンオペおふろの手順など、ママ・パパの「困った!」を具体的なテクで解決。
予防接種や乳幼児健診、事故・けがの予防と対策、病気の受診の目安などもわかりやすく紹介しています。
切り取って使える、「赤ちゃんの月齢別 発育・発達見通し表」つき。

Amazonで購入

楽天ブックスで購入

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数や生後日数に合わせて、赤ちゃんの成長や、専門家からのアドバイスなど、妊娠日数や生後日数に合った情報を“毎日”お届けします。妊娠育児期にうれしいおトクなクーポンもあります。

ダウンロード(無料)

生後4ヶ月 ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

4カ月の男の子です。ここ2週間くらい1時間とおとなしく寝てくれず、ふんふん言いだし→泣きだし→なだめて寝かせて→30分~1時間後に寝つく…の繰り返しです。これが夜泣きですか?昼間も寝かしつけても、ちょっと離れると起きたりします。いつまで続くのでしょうか?何か対処法はありますか?
夜まとまって眠るようになった赤ちゃんが、睡眠中に定期的に現れるレム睡眠(眠りの浅…
4カ月になる女の子です。普段は完全母乳で育てています。2カ月のときに初めて粉ミルクを試したところ、目と口のまわりが赤くなりました。熱は出ず、機嫌も変わらず、数時間後にひいたため、受診していません。しかし、預けなくてはならない日があり、そのために少量ずつ、粉ミルクを試していっていいのでしょうか。万が一のために、母乳を冷凍したものをストックはしています。
お子さんの健康状態をよく観察していらっしゃいますね。目と口まわりが赤くなったのは…
4カ月になったばかりの子がいます。最近ようやく首がすわったのですが、首がすわる前から足の上やバウンサーに座って過ごすのが大好きで、寝かすと泣いて怒ります。長時間座って過ごすことが多いので、背骨が曲がって成長しないのではと心配になってきました。この時期は泣いても寝かして過ごしたほうがいいですか?
バウンサーやママの足の上だと、視界が高くなるので、寝ているより楽しいのでしょう。…
4カ月ごろから急に大きい声で「キーキー、キャーキャー」と言うようになりました。その都度、「大きい声だとビックリするよ」など伝えているのですが、収まる日は来るのでしょうか。あと、短気な子になってしまったらと心配になります。
赤ちゃんが楽しそうに大きな声を出すのは、自分の声が聞こえていて、その響きを楽しん…
4カ月の娘がいます。ご機嫌な時間はあまりもたず、お昼からほとんどの時間を抱っこで過ごしています。そのためあまり遊んだりすることができていません。いろいろおもちゃとかを見せてみるのですか、反応が薄いように感じます。あんまり遊べていないことが原因でしょうか?お散歩も抱っこひもでないとダメで、結局寝てしまっています。こんな生活で大丈夫でしょうか。
抱っこばかりだと、ママは大変ですね。4カ月の赤ちゃんはまだおもちゃでは遊べないで…

赤ちゃん・育児 月齢別基本情報

赤ちゃん 生後0歳~1歳-生後0ヶ月~11ヶ月

ご出産おめでとうございます。妊娠・出産、本当にお疲れ様でした。でもこれからが本番!抱っこ、ミルク、おむつ替え、予防接種…。赤ちゃんとの新しい生活には、たくさんの「初めて」がいっぱい。そんな「初めて」だらけのこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

赤ちゃん 生後0歳~1歳-生後0ヶ月~11ヶ月

生後0歳~1歳

赤ちゃん 生後1歳~-生後12ヶ月~

だんだんと自我が芽生え「イヤ」が多くなってくるなど、心がぐんと発達していきます。親子のコミュニケーションの良い方法は?かかりやすい病気は?子どもの自我が成長しはじめるこの時期の子育てに役立つ情報を集めました。

赤ちゃん 生後1歳~-生後12ヶ月~

生後1歳~

赤ちゃんの病気・症状別・予防接種

0ヶ月~3才ごろまでの赤ちゃんの病気や事故・ケガ、ホームケアについて、症状別に詳しくわかりやすく、すぐ役に立つようにまとめました。こんなときどうする?がわかる! 初めてママの心強い味方です。症状別にすぐ引けて、まず何をして、いつ病院に行けばいいかがわかります。

赤ちゃんの病気・症状別・予防接種

0~3才の乳幼児がよくかかる病気やなりやすい病気を、体の部位別や病気の種類に分けて解説します。
「主な症状」「なりやすい月齢・年齢」「なりやすい季節」「こんな病気」「治療法&ホームケア」を記載しています。
治療方法やホームケアのしかたは、症状や赤ちゃんの状態によって異なるので、診察をした医師の診断に従いましょう。

赤ちゃんが病気になったときの症状別に、ママ・パパが何をすればよいか、を受信の前後に分けてまとめました。
また、その症状の程度によって、夜間や休日でも受信したほうがいいのか、診療時間まで待って受診すればいいのか、などの判断の目安を示しました。事故やケガが起こったときに、まず行うべき応急処置の方法も紹介しています。

予防接種は、その病気にかかると重い症状が出たり、思い後遺症が出たり、最悪の場合死に至ることもある病気を防ぐための唯一の予防手段です。赤ちゃん、子どもの予防接種は種類がたくさんあり、スケジュールを立てるのが大変ですが、ママとパパは予防接種に対する知識を深め、赤ちゃん・子どもを病気から守りましょう。

医師は赤ちゃんの様子を見て、最善と判断した薬を処方します。赤ちゃんに処方された薬の種類や効能についてしっかり理解して、病気が少しでも早く回復の向かうようにケアしてあげましょう。

きほんの離乳食

いつから?進め方は?初期から完了期まで 食材・レシピも動画で分かる きほんの離乳食

0歳~1歳に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。

赤ちゃん・育児に関する新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。