1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの皮膚の病気 じんましんの症状とケア【医師監修】

赤ちゃんの皮膚の病気 じんましんの症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの肌はとてもデリケート。汗や汚れ、気温・湿度の変化、衣類やおむつとの摩擦など、ちょっとしたことでトラブルを起こしてしまいます。また皮膚は、熱や感染症などのサインを出してくれます。何か異常があったら、早めに受診しましょう。


赤ちゃんの病気【じんましん】って?

食べ物、薬、温度差など、原因はさまざま。
境界線がはっきりした赤い発疹。強いかゆみを伴い、体のどこにでもできます。
通常は数時間で消えますが、再発することもあります。

じんましんの主な症状

・盛り上がった発疹
・かゆみ

じんましんになりやすい月齢・年齢

1歳〜

じんましんになりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

関連:赤ちゃんのじんましんの主な原因と対処法

赤ちゃんのじんましん 激しいかゆみを伴う、食べ物、薬、細菌などによるアレルギー

境界線のはっきりした、赤い皮膚の盛り上がりが突然現れます。
大きさもさまざまで、虫刺され程度の大きさのものから、手のひら大以上のものまであります。全身どこにでもでき、かゆみが強いのが特徴です。
1歳前の乳児よりも、2~3歳児によく見られます。

食べ物、薬、細菌・ウイルス感染、温度差などによるアレルギーの一種と考えられていますが、原因の特定は困難なことが多いです。普段は食べても問題がないのに、体調をくずしているときに食べると発症することも。

食後15分~2時間で症状が出たときは、食事内容に原因があると考えられます。
急激な温度差による寒冷じんましん、温熱じんましん、日光に当たるとできる日光じんましんなどもあります。

普段は出たり消えたりを繰り返して数時間で消えますが、症状が強く、唇や口に出たときは要注意。
気道やのどの粘膜が腫れて呼吸困難を起こすことがあります。

赤ちゃんのじんましん 治療&ホームケア

原因となるアレルゲンを避けるのがいちばんの対処法。
抗アレルギー薬のほか、即効性のある抗ヒスタミン薬などの飲み薬、かゆみを鎮める抗ヒスタミン薬入り塗り薬などが処方されます。
かゆみは冷やすと和らぐので、応急処置として冷やしたタオルを患部にあてます。
原因となっているアレルゲンを避けるのがいちばんですが、自己判断はせず必ず医師と相談しましょう。

代表的な薬

・抗ヒスタミン薬(ペリアクチン、ポララミンなど)
・抗アレルギー薬(ザイザル、アレロックなど)
・抗ヒスタミン薬入り塗り薬(レスタミンコーワ軟膏など)

関連:救急医療の現場から#8〜ポテトサラダのマヨネーズでじんましんが!~食物アレルギー

監修/写真提供: 馬場直子 先生
神奈川県立こども医療センター皮膚科 部長

■赤ちゃん 皮膚の病気
乳児湿疹(にゅうじしっしん)・乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)
あせも
おむつかぶれ
皮膚カンジダ症(ひふかんじだしょう)
とびひ・伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)
水いぼ・伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)
単純ヘルペス
じんましん
薬疹(やくしん)
アトピー性皮膚炎
接触皮膚炎
あざ

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
<PR>赤ちゃん返りがなくなる!? 大人気の人形“はなちゃん”って知ってる?

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事