1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 【動画】とろみをつけると食べやすい!離乳食 魚のとろみあん 離乳食9~11ヶ月ごろ

【動画】とろみをつけると食べやすい!離乳食 魚のとろみあん 離乳食9~11ヶ月ごろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離乳食「きほん」の調理テク とろみづけ♪

魚はぱさつきやすいので、嫌がる赤ちゃんも。とろみをつければ、口あたりがよくなります。



おすすめ記事→フードマエストロ発★野菜をパクパク食べる子になる⁉素材にこだわった離乳食

離乳食 魚のとろみあん 離乳食9~11ヶ月ごろ

【作り方】
1.たら(切り身)1/6切れは、沸騰した湯に入れて魚の切り身に火が通るまでゆでる。
2.ゆで上がったら取り出し、皮と骨を取り除く。
3.フォークの背などで押して、身を粗くほぐす。
4.小鍋にだし汁大さじ3を煮立て、3を入れて煮る。水溶き片栗粉少々を加え、とろみをつける。

★離乳食用の水溶き片栗粉の作り方
離乳食用は片栗粉と水は1対3が基本です。

こちらもおすすめ→離乳食後期(9~11カ月ごろ)の進め方! 食べさせて良い食材一覧

出典:「たまひよブックス ひよこクラブ特別編集 すぐわかる!離乳食」
監修/赤堀博美先生(赤堀料理学園校長・管理栄養士)
調理/甲斐優美(フードコーディネーター)

離乳食の材料は、厚生労働省策定の「授乳・離乳の支援ガイド」を目安に、作りやすい分量にしています。赤ちゃんの食べられる量、食べられるかたさなどは個人差がありますから、その子にあったペースで進めてください。

初めての食材を与えるときは食物アレルギーに注意をして、ほかの食材とは混ぜずに単品でごく少量ずつ与えるのが基本です。

関連記事→[9カ月]忙しいときの離乳食のコツ!虫歯対策も考えよう

■おすすめ記事
<PR>“3つのしない!”で、1歳代の意欲を引き出す

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事