1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのおなかの病気 臍ヘルニアの症状とケア【医師監修】

赤ちゃんのおなかの病気 臍ヘルニアの症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


赤ちゃんの胃や腸は、機能や形態が未発達です。吐きやすく、粘膜が敏感なため、ウイルスや細菌に感染すると下痢を起こしがち。おなかの病気でいちばんの手がかりは、うんちの変化。いつもと違うと感じたら、早めに対処することが大切です。生後0ヶ月~3歳ごろまでの赤ちゃんが、かかりやすい病気の症状やホームケアをまとめました。


赤ちゃんの臍ヘルニア(さいへるにあ)って?

でべそは、ほとんどが治療なしで自然に戻ります。2歳以降で治らなければ切除手術を行うことも。

臍ヘルニアの主な症状

・へその突出

臍ヘルニアになりやすい月齢・年齢

新生児期~

臍ヘルニアになりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

赤ちゃんの臍ヘルニア おへそから腸が飛び出す、いわゆる“でべそ”です


俗にいう“でべそ”のことです。日本人の赤ちゃんの約4%に見られます。腸の一部が皮膚に覆われたまま、おへそから飛び出した状態です。

人間の左右の腹筋は体の中央で合わさり腹壁をつくっていますが、おへそ部分では左右の腹筋が分かれて孔(臍輪)ができています。
赤ちゃんは腹筋が未熟なため、泣くなどしておなかに力が入ると臍輪から腸が出てしまい、でべそになります。

大きさはさまざまで、直径3cm以上になることもあります。
触れるとやわらかく、圧迫すると簡単におなかに戻ります。でも、おなかに力が加わると、またすぐに出てきてしまいます。

赤ちゃんの臍ヘルニア 治療&ホームケア

生後3ヶ月ごろまで大きくなりますが、腹直筋という筋肉の発達とともに、ほとんどは1歳くらいまでに自然と治ります。
普通は治療もなく経過を観察しますが、専門的にテーピングで引っ込める処置をすることもあります。

へこんでも表面に皮が残ってしまう場合は、皮を切除する手術を行うこともあります。
また、2歳以降になっても治らない場合は、突出した部分を切除して、おへそを作ることもあります。
日帰り、または術後1泊程度の入院での手術が可能です。

でべそに硬貨をあててテープで押さえたり、ばんそうこうをはるのはやめましょう。
効果がない上に、皮膚がかぶれて炎症を起こすことがあります。


監修:横田俊一郎 先生
横田小児科医院 院長
東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)
小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

●イラスト/ヌガトモコ

■赤ちゃん おなかの病気
ウイルス性胃腸炎・乳児下痢症
細菌性腸炎・食中毒
腸重積症
肥厚性幽門狭窄症
胃食道逆流症
胆道閉鎖症
先天性胆道拡張症
鼠径ヘルニア・脱腸
臍ヘルニア
臍炎・臍肉芽腫

■ママ・パパが気になる!赤ちゃん おなかの症状
乳糖不耐症
単一症候性下痢
腸管リンパ濾胞過形成
レンガ色の尿
生理的嘔吐
生理的便秘

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事