1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. うんちが白っぽい、皮膚が黄色のときは危険!赤ちゃんの胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)の症状とケア【医師監修】

うんちが白っぽい、皮膚が黄色のときは危険!赤ちゃんの胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)の症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生まれたばかりの赤ちゃんの足と酸素飽和度モニターやパルス パルスオキシメータ マシン、脚地球温暖化のためのインキュベーターと早産後病院の集中治療室で扱われる
Wanmongkhol/gettyimages

赤ちゃんの胃や腸は、機能や形態が未発達です。吐きやすく、粘膜が敏感なため、ウイルスや細菌に感染すると下痢を起こしがち。おなかの病気でいちばんの手がかりは、うんちの変化。いつもと違うと感じたら、早めに対処することが大切です。生後0ヶ月~3歳ごろまでの赤ちゃんが、かかりやすい病気の症状やホームケアをまとめました。


赤ちゃんの胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)って?

便の色が病気を発見する大きな手がかりに。白っぽいうんちが出たら、すぐに受診を。

胆道閉鎖症の主な症状

・皮膚が黄色い
・うんちが白っぽい

胆道閉鎖症になりやすい月齢・年齢

生後0~2ヶ月

胆道閉鎖症になりやすい季節

通年(春・夏・秋・冬)

関連:生後3ヶ月まで要チェック!「胆道閉鎖症」と「便色カード」の上手な使い方

赤ちゃんの胆道閉鎖症 白っぽいうんちが特徴。発見が遅れると危険な状態に

肝臓から腸に胆汁を送る管である胆道がふさがってしまうため、胆汁が十二指腸まで流れず、肝臓にたまってしまう病気。
1万人に1人の割合で見られ、女の子は男の子の2倍の頻度で発症します。

胆道閉鎖症になると、新生児の生理的黄疸の時期(生後2週間くらい)を過ぎても黄疸が軽くならず、生後1ヶ月前後から緑がかった黄疸になっていきます。
胆汁が腸に流れ出ず、うんちに排出されてこないため、うんちの色は薄く、クリーム色から白色になります。
母子健康手帳に、うんちの色を確認するための便色カードが付いているので参考にしてください。
さらに症状が進むと肝臓が腫れて腹水がたまり、おなかがふくれ上がることもあります。

早期発見が重要で、発見が遅れると肝臓の細胞が壊れて肝臓がかたくなる肝硬変に進展します。
頭蓋内出血、消化管出血、最悪の場合は肝不全や多臓器不全により死亡する恐れもあります。

★胆道閉鎖症のうんちは黄色みがうすくなり、白っぽくなっていきます。しかし、完全に白くなることはむしろ珍しく、淡黄色調のことが多いようです。

赤ちゃんの胆道閉鎖症 治療

肝門部と小腸をつなぐ手術を。改善がなければ肝臓移植が必要に。新生児黄疸が軽くならない、白っぽいうんちが出るなどの症状が出たら、超音波検査などで診断します。
胆道閉鎖症であれば、肝門部と小腸をつなぐ手術が必要です。それでも黄疸が改善されなければ、肝不全に進行する可能性があるため、肝臓移植の手術が必要になります。

関連:うんちの色が薄い!?パパが語る”わが子が4カ月で胆道閉鎖症と診断されるまで”


監修:横田俊一郎 先生
横田小児科医院 院長
東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)
小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

■赤ちゃん おなかの病気
ウイルス性胃腸炎・乳児下痢症
細菌性腸炎・食中毒
腸重積症
肥厚性幽門狭窄症
胃食道逆流症
胆道閉鎖症
先天性胆道拡張症
鼠径ヘルニア・脱腸
臍ヘルニア
臍炎・臍肉芽腫

■ママ・パパが気になる!赤ちゃん おなかの症状
乳糖不耐症
単一症候性下痢
腸管リンパ濾胞過形成
レンガ色の尿
生理的嘔吐
生理的便秘

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

関連:赤ちゃんの”生まれつきのおなかの病気”胆道閉鎖症・ヒルシュスプルング病を小児科医が解説

■おすすめ記事
<PR>赤ちゃん返りがなくなる!? 大人気の人形“はなちゃん”って知ってる?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事