1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃん・新生児の病気 産瘤の症状とケア【医師監修】

赤ちゃん・新生児の病気 産瘤の症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
柔らかな光の背景、環境コンセプト緑ボケ味ボケの芽します。
shark_749/gettyimages


赤ちゃんの病気【産瘤(さんりゅう)】って?

産瘤の主な症状

・頭にこぶができる

関連:新生児黄疸は危険?[1ヶ月健診]までに起こりやすい2大トラブルを医師が解説!

赤ちゃんの産瘤 こんな病気

出産時の圧迫と解放によって体液が集まりこぶができます

出産直後の赤ちゃんの頭にできるこぶで、触るとぷよぷよしています。赤ちゃんは狭い産道を通ってくるときに頭が圧迫されていますが、外に出たとたん圧迫から解放されます。すると、そこにリンパ液などの体液が集まり、こぶができるのです。さかごの赤ちゃんの場合は、頭ではなくおしりや脚にできることもあります。

だっこや授乳のときにこの部分を押さえると痛がりますが、通常は生後2~3日で自然と消えるため、治療の必要はありません。

監修:横田俊一郎 先生 横田小児科医院 院長 東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区) 小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

■新生児の病気
新生児黄疸
産瘤
頭血腫
一過性多呼吸
呼吸窮迫症候群
胎便吸引症候群
急性胃粘膜病変・新生児メレナ
未熟児網膜症
未熟児貧血
新生児仮死

■ママ・パパが気になる!赤ちゃん 新生児の症状
柑皮症
新生児って病気になりやすいの?

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
<PR>3歳の“自分のことは自分で!”を伸ばす方法

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事