1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠初期
  4. 妊娠初期(12週)
  5. 妊婦の暮らしの基礎知識

妊娠初期(12週)

マタニティ下着に着替えよう

マタニティ下着を選ぼう

おなかが大きくなってきたら、マタニティ下着への着替えどき。体を優しく包む下着を用意しましょう。

4~5カ月ごろを目安に下着を替えるのがベター

 妊娠するとおなかはバストの下から全体的に少しずつ大きくふくらみ、そのおなかを支えるためにヒップも横に大きく変化します。そして、バストは乳腺が発達してくるので 徐々に大きくなり、ときには張ることも。大きくなったおなかとヒップが冷えないように、ショーツは全体を包み込むものに、ブラジャーは締めつけ感のない、ゆったりとしたつけ心地のマタニティ用に替えましょう。

 マタニティ下着はふくよかになった体を守るだけでなく、肌にやさしい素材で作られているので、吸水性も抜群です。おなかをやさしく支える、さまざまなタイプのマタニティガードルや腹帯もあります。それぞれの特徴を踏まえて自分に合うものを選びましょう。体形の変化に個人差はありますが、平均的におなかがふくらみ始める4~5カ月ごろが替えどきです。

失敗しないポイント

 試着したり、実物を手に取ることができるものを選びましょう。初めは自分に合うサイズがわかりにくいもの。ブラジャーは試着できる店舗か、交換可能な通販での購入がおすすめです。ショーツは試着のできないアイテムですが、おなかに当ててみると安心。デザインも大事ですが、妊娠中の下着は素材感などを確認して締めつけすぎないものを選ぶことが重要です。

 安さばかりを重視するのはやめましょう。繰り返し洗濯をしてもクタクタにならない、しっかりとした布地と縫製のものがベスト。安価なものの中には一度の洗濯で糸がほつれるものも。また、安いからとまとめ買いすると、妊娠週数が進むうちにサイズが合わなくなることもあります。臨月まで使えるものを選んだほうが得策です。伸縮性、吸湿性、保温性をチェックすることも重要です。妊娠するとおなかは徐々に大きくなるため、伸縮性のあるショーツのほうが長期間使えて経済的です。綿100%よりもナイロンやポリエステルの混紡のほうが伸縮性に富んでいます。また、妊娠中は汗っかきになったり、冷えやすくなるので、吸湿性や保温性があるかどうかも確認しましょう。

マタニティブラジャーの種類

 ハーフトップはバストを圧迫しないゆったりしたつけ心地と肌触りのよさが特徴。つわりの時期や就寝時におすすめです。授乳機能つきなので、産後の授乳期まで長く使えます。

クロスオープンはカップが前で交差するカシュクールタイプで、バストのホールド感は少し弱め。カップをずらすだけで授乳できるので、産後も大活躍します。フロントオープンはフロント部分のボタンをはずすと左右に大きく開くのが特徴。産後の授乳のときにカップが赤ちゃんの顔に当たる心配のないタイプです。ノンワイヤーが一般的。ストラップオープンはカップとストラップの接合部分がスナップかホック留めになっていて、はずすとカップが上から下に開閉します。ワイヤー入りのものが多く、すっきりとした印象が特徴です。ウィンドオープンは上から下に外側のカップを下ろすと、バストトップのあたりが開いている内カップがあるタイプです。授乳時は外側のカップを下ろすだけでOK。ホールド感があります。

妊婦帯

 必要性を感じたときに目的に合ったものを選びましょう。妊婦帯は大きくなるおなかを支えるだけでなく、腰を安定させて腰痛を和らげるなどの機能があるものもあります。必要になったら、自分の生活スタイルや欲しい機能を考慮し、試着をしてから購入しましょう。
 コルセットタイプは筒型で腹巻きのような形状。着け心地はソフトなものが主流で、のんびり過ごす日もおすすめ。下からはくだけで、着脱は楽チン。ガードルタイプはすっきりしたはき心地で、ショーツのようにはくタイプ。ホールド感があるので、外出の多い人やパンツスタイルのときに役立ちます。補助帯つきタイプはコルセットタイプやガードルタイプの妊婦帯の上に取りはずし可能な補助帯がついたものです。締めつけ感を調節でき、ホールド感が得られます。さらし(岩田帯)タイプは長いさらし(木綿)の布をおなかにぐるぐる巻きつけて装着します。サポート力はあるものの、リラックス感は少なめです。

愛育病院センター長 中林正雄先生

妊娠・出産に関する新着記事

新着記事をもっと見る