1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠初期
  4. 妊娠初期(7週)

妊娠7週(妊娠2ヶ月)

妊婦の基本情報

赤ちゃんは2頭身に。一気にヒトへ進化しています

妊娠7週の症状、体の変化、赤ちゃんの成長

妊娠に気づき、つわりの症状が出てくる人もいます。

おなかの赤ちゃんは、最初は魚のような形をしていますが、妊娠7週までに一気にヒトの形へと変化をとげます。

月経の遅れやつわりの症状で妊娠に気づくころです

このころ、月経の遅れや体調の変化に気づいて、産婦人科を受診する人が多いでしょう。 時を同じくして、つわりの症状が出始める人もいます。今まで気にならなかったにおいに急に敏感になったり、食欲がなくなったりして、体調の変化に戸惑う人も多いでしょう。空腹時に胸がむかついたり、あるいは、いきなり吐きけや嘔吐に襲われ、妊娠に気づくケースもあります。女性ホルモン(黄体ホルモン)がさかんに分泌されるため、体がだるく熱っぽくなり、一日中眠けを訴える人も少なくないでしょう。

おなかの見た目の大きさに変化はありませんが、子宮はひと回り大きくなっているでしょう。まだ妊娠初期ですが、腹部の下に位置する膀胱を刺激・圧迫することがあるかもしれません。トイレが近くなる場合もあります。 乳房が張ってきて、乳頭が敏感になる人もいます。その場合、ハーフトップなどバストを刺激しない下着に替えるといいでしょう。

頭と胴の2頭身になり、胎芽と呼ばれる時期です

おなかの赤ちゃんの成長【4~7週ごろ】

●7週ごろには2頭身に。手足の区別もついてきます。
●胎盤のもとになる組織が形成され始め、へその緒になる組織が発達します。
●この時期は器官形成期といって赤ちゃんの主な器官の基礎がつくられます。脳や脊髄、目や耳の神経などが急速に発達。
●心臓、肝臓、胃などの臓器の分化も始まります。
●目、口、鼻も大まかですが、形を整え始めます。

おなかの赤ちゃんが入った袋(胎のう)が確認できるころです。9週までの赤ちゃんは胎芽と呼ばれ、中枢神経や心臓、手、足など器官のもとが猛スピードでつくられる器官形成期にあたります。

このころの超音波写真

頭部と体の区別がついてきます

頭部と体の区別がついてきて、2頭身くらいになります。将来の手や足の部分がわかってくるでしょう。のちに胎盤となる絨毛(じゅうもう)組織も少しずつ厚みを増して、白く見えることがあります。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠7週の生活アドバイス

つわりを上手に乗りきろう

つわりは、約8割の人が経験する妊娠初期に特有の不快症状。胃のむかつきや食べづわりを上手に乗りきりましょう。

症状はさまざま。つわりがない人もいます

つわりとひと口に言っても、症状は人それぞれです。
早い人では妊娠に気づく5週ごろから始まり、16週くらいまでに終わるのが一般的です。ただし、つわりの時期や症状の程度には個人差が大きく、10週くらいで終わる人もいれば、出産まで続く人も。中には、妊娠中まったくつわりを感じない人もいます。

食欲がなくても、脱水症状を避けるために水分をしっかりとりましょう。体の電解質を補うスポーツ飲料や、糖分を含んだ果実ジュースもOKですが、カロリーのとりすぎにつながるので、飲みすぎには注意を。「マイ水筒」に温かい麦茶などを入れ、持ち歩くのもおすすめです。ゼリーなどのど越しのよいものを冷蔵庫に常備しておいたり、果物を冷やしたり凍らせてシャーベットにすると口にしやすくなります。
食事ができないと、「赤ちゃんに栄養が行き届かないのでは?」と心配になるかもしれませんが、この時期の赤ちゃんは本当に小さく、まだ栄養のことを心配する必要はありません。赤ちゃんはつわりの時期もすくすく育っています。食べられるものを食べ、のんびり過ごしましょう。

胃もたれ・むかつき・吐きけを楽にする方法

バナナにはつわりを緩和するビタミンB6が含まれ、エネルギー補給にもなります。食べづわりの人は、空腹時の一時しのぎにガムをかむのも手。気分も紛れます。またトマトに含まれるクエン酸やリンゴ酸には胃のむかつきを抑える効果があります。

胃を圧迫しない

リクライニングチェアの背を倒してゆったりもたれるとラクになることも。ホットタオルやお湯を入れたペットボトル(ホット専用)を使って、おへそとみぞおちの間あたりをじんわり温めましょう。肩甲骨と肩甲骨の間を温めることで背中の筋肉がほぐれて楽になります。また、背中の交感神経節まわりの血流がよくなり自律神経のバランスも整います。

食べづわりを楽にする方法

きゅうり、大根、にんじんをスティック状に切り、そのままポリポリつまんで。口の中をさっぱりさせたいときは、レモンのはちみつ漬けがおすすめ。温かいお茶を少しずつ飲むと胃が落ち着くので、食べる前に少し飲んでみましょう。ゴルフボール大のおにぎりをラップにくるんでおくと食べたいときに食べられて便利。

食欲不振のとき つばが出るとき

梅干しには、胃腸の働きを活発にし食欲を増進させる効果が。1日1個を目安に。しょうがは胃の消化を促進させる香味野菜。血行を促進する作用もあります。つばが出る時にはレモン水でガラガラとうがいを。レモンの酸味で口の中がさっぱりします。食パンなど吸水性のあるパンを、口の中の唾液を吸い取るように食べてみて。

吐きけ・においが気になる

胃を伸ばしましょう。正座からひざを開いておしりを床につけて座り、両手をおしりの斜め後ろに置いて胸を伸ばすと、胃の部分も気持ちよく伸びてきます。太ももを伸ばしましょう。横向きに寝て、片方の足を曲げ、かかとをおしりにつけます。太ももの部分を意識してよく伸ばしましょう。反対の足も同じように行います。

においが気になる時には、電車内ではマスクをしましょう。電車の中は、香水、整髪料などさまざまなにおいでいっぱい。まずはマスクを。炊きたてごはんのにおいが苦手な人は、しばらく冷ましてから食べましょう。

愛育病院センター長 中林正雄先生

妊娠7週の気がかりやトラブル・病気

妊娠悪阻

気持ち悪い、吐くなどのつわりの症状は、程度の差こそあれ多くの妊婦さんが経験するもの。でも通常のつわりの症状を超えて、病的な状態にまでなってしまうのが妊娠悪阻です。つわりだからと我慢していると脱水症状を起こすことも。症状が悪化する前に、受診して。

食事も水分も受け付けなくなってしまいます

通常、つわりは妊娠5~14週ごろに、気持ちが悪い、吐きけがある、食欲不振、頭痛、嗜好(しこう)の変化などを起こすものです。これらの症状は、多くの妊婦さんが経験する、妊娠したことによる生理的な変化で、時期がくれば自然におさまってきます。つわりの症状が重く、水も飲めないような状態を「妊娠悪阻(にんしんおそ)」といい、治療が必要になってきます。

つわりの原因は、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンの分泌が急激に増えるためともいわれますが、原因はまだよくわかっていません。妊娠への不安やストレスなど精神的な要素も関係するといわれています。とくにつわりが重症化しやすい人の原因も不明です。

受診して脱水症状がないかを調べます

つわりだからと我慢していると、脱水症状を起こしたいへん危険です。つらい症状があったら、すぐに受診しましょう。産院では、尿検査を行いケトン体の反応を調べます。脱水や栄養不足が確認できた場合は、水分や栄養補給のために輸液を点滴注射します。点滴は通院して行う場合もありますが、よくならないときは入院になります。

妊娠悪阻(にんしんおそ)でママの栄養状態が悪くても、ママの栄養は優先的におなかの赤ちゃんに届くため、赤ちゃんが育たないなど、成長に影響を及ぼすことはまずありません。ただ重症の妊娠悪阻(にんしんおそ)の場合、ごくまれに赤ちゃんが低体重になるという報告もあります。

妊娠悪阻(にんしんおそ)のチェックポイント

1.空腹、満腹を問わず吐きけが起こり、食べ物も水も口にできない
2.起きているとフラフラし、めまいや頭痛が起こる
3.数日の間に5%以上の体重が減少。(体重50kgであれば2.5kg以上)
4.吐いたものに胆汁や血液が混じることがある
5.トイレにいっても尿が少ない、または出ない
6.日常生活が送れない

1つでも当てはまったら病院へ!

つらい症状を先生に伝えるポイント
・あいまいな表現をしない・自分で大丈夫と決めつけない・ 食事の量、水分の摂取量を伝える・トイレの回数を伝える・家族や仕事の状況も伝える・体重の減少量を伝える

東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学 教授 藤井知行先生

妊娠週数別基本情報

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

ここでは「妊娠超初期」とは妊娠が判明する前の妊娠0ー3週頃のことを指します。生理予定日付近からそれ以降に妊娠検査薬で確認することで、妊娠がわかる人が多いですが、生理予定日前から基礎体温の変化や出血・眠いなど体調の変化が感じられる人も。
そんな「妊娠超初期」の体の変化や気をつけたいことをまとめました。

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

妊娠1ヶ月

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠おめでとうございます。妊娠が判明し、ママの体は出産に向けて徐々に変化を始める時期。この頃つわりがピークを迎える人も多く、不安が大きい時期でもあります。不安なこの時期に気をつけることは?妊娠初期症状は?暮らしの中の注意事項は?妊娠がわかったころに知りたい情報をまとめました。

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠
2ヶ月
妊娠
3ヶ月
妊娠
4ヶ月

妊娠中期-妊娠16週~27週

安定期と呼ばれる妊娠5カ月以降は、胎動が感じられたり、赤ちゃんの性別が分かる人も多い時期。ほっと一息つきがちなこの時期の注意事項は?気をつけたい症状は?安心しがちなこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠中期-妊娠16週~27週

妊娠
5ヶ月
妊娠
6ヶ月
妊娠
7ヶ月

妊娠後期-妊娠28週~40週

出産まであと少し!お産のはじまりで気をつけることは?注意したい症状は?暮らしの中の注意事項は?赤ちゃんに出会える日への期待と不安が膨らむ妊娠後期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠後期-妊娠28週~40週

妊娠
8ヶ月
妊娠
9ヶ月
妊娠
10ヶ月

出産

出産まであと少し!お産のはじまりからの流れや出産方法、陣痛を乗り切るコツや方法、帝王切開についてなど、事前に知っておきたい出産のための基本情報をまとめました。

出産

妊娠初期(7週) ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

妊娠7週です。つわりがひどくてごはんが食べられません。産院に受診して吐きけ止めをもらいました。薬を飲んだら少しはよくなりますが、また気持ち悪くなるのが怖くてごはんを食べられません。
つわりで食べられないときに、「なんとしても食べなければ!」と思ってしまう妊婦さん…
妊娠7週です。いきなりすごくトイレが近くなりました。トイレに行っても行ってもまたすぐにもれそうなくらい行きたくなります。しかも出るのはかなり少量。何か病気なのでしょうか?
子宮が大きくなると、その手前にある膀胱(ぼうこう)を圧迫して、トイレが近くなるの…
現在妊娠7週に入ったばかりの初妊娠です。昨日の夜から風邪をひいてしまい、今日病院に行き、漢方薬をもらいました。今は熱も下がったのですが、胸の張りもなくなってしまった気がするし、妊娠初期に熱が出ると流産すると聞いたこともありとても不安です。
熱が下がってよかったですね。妊娠初期に風邪をひいて発熱したことが原因で…
妊娠7週です。よく風疹(ふうしん)やトキソプラズマについての危険性は見るのですが、ほかに気をつけるべき感染症はなんですか?たとえば、今はやっているという手足口病(てあしくちびょう)はどうですか?仕事を続けていて、近くに保育園児のお母さんも何人かいるので、お子さんが病気と聞くと不安になります。
「気をつけるべき感染症」とひとくくりに言ってもたくさんありますので、一部をお話し…
今、妊娠7週の初妊婦です。私は今のところまったくつわりがなく、体調もよくて逆に大丈夫なのかな?って思っています。妊娠がわかったとき、胎嚢は発見できたのですがまだ6週だったので赤ちゃんの心拍が確認できなくて、2週間後にまた受診するのですが、つわりもないのでちゃんと赤ちゃんが育っているか不安でしかたありません。
すべての妊婦さんにつわりがあるとは限りません。つわりがないからといって心配する必…

妊娠初期に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。