1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中期
  4. 妊娠6ヶ月

妊娠6ヶ月-妊娠中期-妊娠20週~23週

赤ちゃんが元気に育っていることを体感できる“胎動”。

こそばゆい? それとも力強い? パパと一緒に、赤ちゃんを存分に感じましょう。

妊娠6ヶ月のママの身体の変化と特徴

胎動を実感。おなかがせり出します

ほとんどの人が胎動を感じ、おなかの赤ちゃんをますます実感できるでしょう。子宮は大人の頭よりもひと回り大きくなり、子宮底がおへその高さまで達します。おなかが前にせり出してくるので体の重心がずれ、腰や背中に負担がかかるため、痛みを感じることも。重心のずれやおなかの重みで、ふくらはぎの筋肉が疲労して、足がつったりすることもあります。とても痛いのであわててしまいますが、つってしまった足の親指を持ち、おなか側に引っ張ると痛みが緩和します。

妊娠6ヶ月のおなかの赤ちゃんの成長

男女の性別がわかるようになります

上下まぶたが離れて顔立ちがはっきりと整ってきます。超音波写真を見て、パパ似、ママ似とわかる子もいるくらいです。超音波検査では、全身が画面に写らないほど大きくなってきています。このころになると、女の子なら卵巣、男の子なら精巣などの、ホルモン分泌に関わる器官の活動も活発になります。男女の性別がわかるようになるのもこのころからで、男の子の場合はおちんちんが見えることも。さらに、聴覚も発達を始めるため、羊水や血流の音を聞けるようになります。

妊娠6カ月のママがおなかの赤ちゃんのためにできること

胎内環境を整えて赤ちゃんにも「気持ちいい!」を伝えて

赤ちゃんの成長は著しく、骨格や筋肉、脳細胞もどんどん出来上がってきます。おなかの赤ちゃんに意識があるとは断定できませんが、命の誕生は科学では解き明かせない不思議なことがあるのも事実。胎内にいたことを覚えている胎内記憶を持つ子は少なくありません。まずは、赤ちゃんがいる胎内環境をよくしてあげたいものです。ママがたばこを吸えば、その煙はママの胎盤と臍帯を通して赤ちゃんに伝わります。ママと赤ちゃんは“一心同体”であることを忘れないでください。

赤ちゃんが喜ぶ胎内環境は、ママが気持ちよくいることでつくられます。ストレスのない環境に身を置くのは、現代では難しいかもしれませんが、リラックスできる時間は簡単につくれます。おふろで好きな歌をハミングしているときや、おなかの赤ちゃんに話しかけているとき、パパと何もしないで過ごす休日だって、ママ自身が「気持ちいい」と感じるならそれでいいのです。少しわがままになってもいいから、気持ちのいい環境の中に身を置きましょう。

この時期やっておきたいこと

  • ・両親学級に出席
  • ・ベビー用品の準備を開始
  • ・旅行を楽しむなら今のうち

産院や自治体主催の両親学級が開催されるのでパパと2人で出席を。赤ちゃんの性別が判明する人もいます。巻末のリストを参考に、ベビー用品の準備を始めましょう。パパと2人だけの旅行を楽しむなら7カ月ごろまでがベスト。無理のないスケジュールで楽しんで。

妊娠週数別基本情報

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

ここでは「妊娠超初期」とは妊娠が判明する前の妊娠0ー3週頃のことを指します。生理予定日付近からそれ以降に妊娠検査薬で確認することで、妊娠がわかる人が多いですが、生理予定日前から基礎体温の変化や出血・眠いなど体調の変化が感じられる人も。
そんな「妊娠超初期」の体の変化や気をつけたいことをまとめました。

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

妊娠1ヶ月

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠おめでとうございます。妊娠が判明し、ママの体は出産に向けて徐々に変化を始める時期。この頃つわりがピークを迎える人も多く、不安が大きい時期でもあります。不安なこの時期に気をつけることは?妊娠初期症状は?暮らしの中の注意事項は?妊娠がわかったころに知りたい情報をまとめました。

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠2ヶ月
妊娠3ヶ月
妊娠4ヶ月

妊娠中期-妊娠16週~27週

安定期と呼ばれる妊娠5カ月以降は、胎動が感じられたり、赤ちゃんの性別が分かる人も多い時期。ほっと一息つきがちなこの時期の注意事項は?気をつけたい症状は?安心しがちなこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠中期-妊娠16週~27週

妊娠5ヶ月
妊娠6ヶ月
妊娠7ヶ月

妊娠後期-妊娠28週~40週

出産まであと少し!お産のはじまりで気をつけることは?注意したい症状は?暮らしの中の注意事項は?赤ちゃんに出会える日への期待と不安が膨らむ妊娠後期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠後期-妊娠28週~40週

妊娠8ヶ月
妊娠9ヶ月
妊娠10ヶ月

出産

出産まであと少し!お産のはじまりからの流れや出産方法、陣痛を乗り切るコツや方法、帝王切開についてなど、事前に知っておきたい出産のための基本情報をまとめました。

出産

妊娠6ヶ月 ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

現在20週、初産です。最近下半身の痛みが気になります。生理中のときのような、ずっしりした痛みで、腟が腫(は)れているような感覚です。普段事務仕事をしているので、座りっぱなしの圧迫でしょうか?最近では立っているときも、ズーンと重く痛いです。とくに出血や激痛ではなく、おりものも普通です。よくあることなのでしょうか?
座っている時間が長いからといって、腟がむくむということはないでしょう。…
21週初マタです。明け方になるとこむら返りやトイレに行きたくて必ず起きてしまいます。仕事をしているため疲れがたまってしまうので、なんとか改善したいです。
妊娠中、夜寝ているときに足がつる経験をされる方は多いようです。原因の一つとして考…
今22週です。本やネットを見ると、皆さん胎動を感じてるころなんですが、私はまだ、胎動を感じることができません。病院の先生には「そろそろですよ」って言われたんですが、立ち仕事してるからかなぁとも思うんですが、大丈夫でしょうか?
初めての妊娠では、胎動をどう感じるのか、まったく想像がつきませんね。…
23週の初マタです。つわりが治まってからお菓子・ジュース・コーヒー・めん類…赤ちゃんに悪いと思いながらもやめられません。まわりから「肥満の子が生まれそう」「アレルギーの子になるかもよ」など不安になることを言われるので赤ちゃんが心配です。やっぱりやめたほうがいいでしょうか?
おなかの赤ちゃんのことを思うなら、見直したほうがいいでしょう。…

妊娠中期に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。

妊娠中期に関する新着記事

新着記事をもっと見る