1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠後期
  4. 妊娠後期(32週)

妊娠32週(妊娠9ヶ月)

【医師監修】妊娠32週 妊婦の基本情報

赤ちゃんはふっくらした体つきに

妊娠32週の妊婦の症状、体の変化、赤ちゃんの成長

監修医師:かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

赤ちゃんは皮下脂肪がついて、ふっくらした体つきに!

大きくなった子宮に胃や膀胱が圧迫され、胃のむかつきや尿もれなど不快症状に悩まされるママも増えます。

子宮が大きくなることで、胃への圧迫感が出てくることもあります

妊娠32週になりましたね。妊娠9カ月のスタートです。 最近、食欲が落ちたりしていませんか? 子宮のてっぺん(子宮底)は、みぞおち近くまで上がってくるため、胃が押し上げられて、再びつわりが始まったかのようにムカムカするなどの胃腸症状が出る人も。食事を一度に食べられなかったりする場合は、1回分の食事量を減らし、何回かに小分けしてとるようにするといいでしょう。ただし、1日のカロリー摂取量をオーバーしないように気をつけて。

胃と一緒に心臓や肺のほうまで圧迫されるので、動悸や息切れなどの症状が現れるママもいます。 一方、子宮の下側は、膀胱を圧迫するため、トイレが近くなったり、くしゃみをしたときなどおなかに力が入った瞬間に尿がもれてしまうといったトラブルも少なくないでしょう。 大きく重くなっていくおなかを支えるために、背骨の反り返りも強くなります。腰や背中は負担を強いられ、痛みが増すことも。また、足にも相当の負担がかかってきます。脚のつけ根が痛んだり、つってしまったり、あるいは、むくみがひどくなったと訴えるママもいるでしょう。 出産が近づくにつれて、おなかが張る回数も増えていきます。体が重くなると、歩いたり動き回ったりしたあとはどうしても疲れやすくなります。疲労が蓄積すると、よりおなかが張りやすくなる傾向も。疲れを感じたら、無理をしないで横になり、十分に体を休めましょう。

肺の機能が完成し、体つきもふっくらしてきます

おなかの赤ちゃんの成長【32~35週ごろ】

●皮下脂肪が増え、体つきがふっくらして、外見的には新生児とほとんど同じようになってきます。

●35週になると肺の機能がほぼ完成に近づきます。

●胎児を保護する作用がある胎脂(皮膚からはがれた細胞や、皮脂腺からの分泌物が混じったもの)で全身が覆われます。

●髪の毛が長くなり、つめは指の先端まで伸びてきます。

ついに肺の機能が完成。皮下脂肪がついてふっくらとしてきます。生後すぐのころの赤ちゃんの外見に近いでしょう。循環する羊水量が少しずつ減って、子宮内で赤ちゃんが動くスペースも狭くなります。

このころの超音波写真

内臓の器官が成熟してきます

内臓の器官が成熟してきて、赤ちゃんの心臓の弁が動いているのがわかることも。腕の鮮明な白い線は骨がしっかりしてきた証拠。まわりの白い影から、腕の肉づきもうかがえます。

妊娠32週の生活アドバイス

監修医師:愛育病院センター長 中林正雄先生

お産入院の準備をしよう

産院に持っていくものをチェックしましょう。必要と思われるものをリストに書き出してチェック!

早め早めの準備で入院時もスムーズに

妊娠中は何が起こるかわからず、思いがけず出産が早まることもあります。まだ予定日まで1カ月以上ある、と思ってのんびりしていると入院のときにあわてて準備ということになりかねません。お産入院のときに必要なものを、少しずつでも早めに準備をしておくと安心です。
荷物は母子健康手帳や健康保険証、診察券など普段から持っている必要があるものを入れるバッグと、入院中に使うものを入れる大きなバッグがあると便利です。また、退院時に必要なものは別のバッグに入れて、あとからパパや家族に持ってきてもらえば、入院時の荷物が少なくてすみます。何を持っていけばいいかは、産院に確認しながら、自分でリストを作って、用意したものはチェックしていくようにすると、忘れ物がありません。

お産はいつ始まるかわかりません。入院するとき、ママがひとりの場合、パパも一緒の場合など、いくつかのケースを想定して、入院するときの段取りをパパや家族と相談しておきましょう。病院の夜間連絡先やタクシー会社の電話場号はパパもママも携帯電話に登録しておくと便利です。
また、入院のときに必要な荷物は、だれが見てもわかるような場所に置いておきましょう。

お産の兆候が現れ、入院するときに、自家用車で行くのか、タクシーで行くのか、産院までの交通手段を決めておきましょう。深夜や早朝に入院する可能性もあるので、タクシー会社が24時間配車しているかも、あらかじめ確認しておきましょう。タクシー会社も2社想定しておくと安心です。産院や病院は、夜間の出入り口が日中の出入り口と異なる場合がほとんど。ママだけでなく、付き添う予定のパパや家族もあらかじめ確認しておくとあわてずにすみます。

総合病院や大学病院は夜間受付から産婦人科の病棟まで距離がある場合が多いですから、注意しましょう。通常、陣痛が始まってから赤ちゃんの誕生まで十時間近くかかるので、入院時にあわてる必要はありませんが、出血がある、おなかが痛いなど緊急を要する場合もあります。万が一に備え、タクシー会社や産院の連絡先はパパも携帯電話に登録して、いつでも連絡できるようにしておきましょう。

入院に必要なもの

入院中に必要なものはこまごましたものが多く、産院によっても異なります。産院に何を用意したらいいか確認して、準備していきましょう。産院によっては産褥(さんじょく)ショーツやパジャマなど用意されているものもあるので、こちらも事前に確認を。

産院の売店などで購入できるものもありますから、下見をしておくのもいいでしょう。右の表を参考にしながら、用意ができたものを消していくと、余計な荷造りやもれがなくなり、安心です。退院時に必要なものはわかるようにしておき、パパや家族にあとから持ってきてもらいましょう。

必ず持っていくもの。入院生活で必要なもの。退院時必要なもの。

妊娠中の経過が記録された母子健康手帳は入院時も必要です。また、健康保険証や診察券も本人確認やカルテ作成のために必要となります。すべて1つにまとめておくと便利です。お金、印鑑も必要です。入院時、予約金として産院に入金する必要がある場合も。確認しておきましょう。大切なものなので、ママ以外の付き添う人が持っていると安心です。

パジャマは産後も使える授乳口がついた前開きの着丈が長いタイプのパジャマが便利です。産院で用意されている場合もあります。レンタル制で有料の場合もありますから確認を。

入院生活で必要なもの

産後、会陰(えいん)の様子や子宮の戻り具合をチェックするために、寝たままでも股の部分が面ファスナーで開閉できるショーツが必要に。産院で用意されている場合があります。産後は授乳しやすいブラジャーがおすすめ。授乳が始まると乳首が痛くなる可能性もあるので、肌にやさしいものを。産院で用意されている場合もあります。

タオル、バスタオルは、洗面やシャワー用だけでなく、産院のベッドに敷いて、出血モレの汚れを防ぐ場合も。用意する枚数は産院に確認を。食事のときに使うおはしや湯のみ、スリッパは産院によっては不要な場合も。時計やティッシュはあるとなにかと便利です。歯ブラシや歯磨き粉、シャワーが可能になればシャンプー類が必要です。

妊娠32週の気がかりやトラブル・病気

監修医師:東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学 教授 藤井知行先生

出産が近くなったら気をつけること1

だんだん出産が近づいてきました。赤ちゃんに会える日に備えて、今のうちに治しておかなければいけない病気や気をつけたいトラブルもあります。B群溶連菌もその一つ。初期の検査で陰性でも、後期に陽性になっていると赤ちゃんにも影響が。

B群溶連菌(GBS)

気をつけたい時期 妊娠20~36週ごろ

★どんな症状?
妊娠していない時期は何も悪さをしません
B群溶連菌は、膣内などに普通にいる細菌で、とくに症状はなく、悪さをすることもありません。ただ出産までに治療をしないでいると、出産時にママが感染していると赤ちゃんに感染し、重大な病気を引き起こすので、要注意です。

★なぜなるの?
感染はめずらしくなく、検査でチェックすることが大切
B群溶連菌自体は無症状ですが、妊娠中にひとたび胎内感染してしまうと、子宮を包む卵膜に炎症を起こす絨毛膜羊膜炎になり、前期破水や早産を引き起こします。またお産直前に感染したまま気づかずに出産すると、赤ちゃんに産道感染して、重大な病気になるので、妊娠中期と後期にママが感染していないかどうかを検査することがとても大切になってきます。

★どんな治療をするの?
抗菌薬を点滴してお産にのぞみます
B群溶連菌の検査の結果が陽性と出ても、妊婦さん自身には何も影響はありませんが、赤ちゃんへの産道感染を防ぐために、分娩時にペニシリンなどの抗菌薬の点滴注射をしながらお産にのぞみます。陣痛が始まったら点滴の準備をし、お産が終わるまで点滴を続けて、赤ちゃんへの感染を予防するのです。分娩に備えて万全の準備をしておくためにも、後期のGBS検査を必ずきちんと受けておくことはとても大切です。

★赤ちゃんへの影響は?
分娩時に感染予防できればまず問題ありません
分娩時に感染を防ぐことができれば、赤ちゃんには何の問題もありません。産後のママ自身にも、問題はないので大丈夫です。ただ、万が一分娩時に赤ちゃんが感染してしまった場合には、新生児GBS感染症といい、呼吸困難が起こったり、髄膜炎や肺炎などの重大な病気になり、命にかかわることもあります。早期発見できれば、抗菌薬を投与しますが、楽観できない状態が続くでしょう。このように、赤ちゃんがGBSに感染して発症するケースは少ないとはいえ、発症したら大変重症になり、死に至るような病気なのです。

B群溶連菌Q&A

Q.感染を防ぐのは経膣分娩の場合だけなの?
A.経膣分娩のときだけ行います
赤ちゃんに感染する危険性があるのは、ママの産道を通るとき。ですから感染予防は経膣分娩のときだけで大丈夫です。また、途中で帝王切開分娩に切り替えた場合も、感染予防の治療をします。

Q.感染したら帝王切開分娩になることもある?
A.感染したからといって帝王切開分娩にはなりません
GBSが陽性だからという理由で帝王切開分娩になることはありません。経膣分娩で、陣痛前に準備をし、抗菌薬の点滴による感染予防をします。ちなみに、予定帝王切開分娩の場合は、赤ちゃんが産道に入ることはないので、感染しません。

妊娠後期(32週) ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

32週の初産婦です。健診に行ったら、赤ちゃんがへその緒を1周巻いてると言われました。胎動は元気に感じるのですが、動くと二重に巻いてしまうのではないか、動かないと生きてないのでは?と不安になってしまいます。1周程度ならすぐ戻るのでしょうか?
へその緒を巻いている赤ちゃんは珍しくありません。そのまま出産に至る場合もあれば、…
32週、初めての妊娠です。最近、チクチクとした腟の痛みが時々あるのですが、産院で診てもらったほうがいいですか?出産に向けて体が変化しているだけなのでしょうか?
妊娠初期の妊婦さんに、チクチクと腟が痛むという相談をされることがよくあります。そ…
妊娠32週の初マタです。夫が、溶連菌感染症にかかってしまったようです。妊婦が溶連菌感染症にかかるとよくないと聞きましたがどうなんですか?とても心配です。
パパがかかったのは、おそらくA群溶血性連鎖球菌でしょう。のどが痛くなったり、…
今、妊娠32週に入ったばかりですが胎児の体重が2200gもあってちょっと大きめと言われました。あまり大きくなりすぎると難産になりやすいでしょうか?胎児の体重が増えすぎないようにするには食事制限などもっとしたほうがいいんでしょうか。初めての出産なんで不安です。
32週で推定体重が2200gあるのは、やや大きめな程度ですね。…
32週になる妊婦です。初期に健診したときに、前がん病変の疑いと診察されて、定期的に検査していました。前回の検査で子宮頸(しきゅうけい)がんと言われて大学病院の診察が必要と言われたのですが、その治療をする上で、赤ちゃんを早く出すことになる場合、おなかの赤ちゃんは大丈夫でしょうか?
子宮頸がんのステージ(進行度)によって、赤ちゃんを出す時期が決められます。…

妊娠週数別基本情報

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

ここでは「妊娠超初期」とは妊娠が判明する前の妊娠0ー3週頃のことを指します。生理予定日付近からそれ以降に妊娠検査薬で確認することで、妊娠がわかる人が多いですが、生理予定日前から基礎体温の変化や出血・眠いなど体調の変化が感じられる人も。
そんな「妊娠超初期」の体の変化や気をつけたいことをまとめました。

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

妊娠1ヶ月

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠おめでとうございます。妊娠が判明し、ママの体は出産に向けて徐々に変化を始める時期。この頃つわりがピークを迎える人も多く、不安が大きい時期でもあります。不安なこの時期に気をつけることは?妊娠初期症状は?暮らしの中の注意事項は?妊娠がわかったころに知りたい情報をまとめました。

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠
2ヶ月
妊娠
3ヶ月
妊娠
4ヶ月

妊娠中期-妊娠16週~27週

安定期と呼ばれる妊娠5カ月以降は、胎動が感じられたり、赤ちゃんの性別が分かる人も多い時期。ほっと一息つきがちなこの時期の注意事項は?気をつけたい症状は?安心しがちなこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠中期-妊娠16週~27週

妊娠
5ヶ月
妊娠
6ヶ月
妊娠
7ヶ月

妊娠後期-妊娠28週~40週

出産まであと少し!お産のはじまりで気をつけることは?注意したい症状は?暮らしの中の注意事項は?赤ちゃんに出会える日への期待と不安が膨らむ妊娠後期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠後期-妊娠28週~40週

妊娠
8ヶ月
妊娠
9ヶ月
妊娠
10ヶ月

出産

出産まであと少し!お産のはじまりからの流れや出産方法、陣痛を乗り切るコツや方法、帝王切開についてなど、事前に知っておきたい出産のための基本情報をまとめました。

出産

妊娠後期に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。