1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中期
  4. 妊娠5ヶ月
  5. 妊娠17週

妊娠17週 妊娠5ヶ月

【医師監修】妊娠17週 妊婦の基本情報

つわりが治まったら、体重管理をスタート

妊娠17週の妊婦の症状、体の変化、赤ちゃんの成長

監修医師:かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

胎盤が完成して、妊娠そのものが安定する安定期に入ります。

赤ちゃんはさまざまな動きをするようになり、それを胎動として感じるママも出てくるでしょう。

体全体に皮下脂肪がついてきて、ふっくらした体形に

妊娠17週になりましたね。妊娠5カ月の2週目です。 子宮は小学生の頭くらいになり、おなかのふくらみも、いよいよ妊婦さんらしく丸みを帯びてきます。体全体にも皮下脂肪がついてきて、ふっくらしたお母さんの体つきになってきます。 とくに大きくなるのがおしりや乳房。産後の授乳に備えて乳腺がどんどん発達していくため、バストは妊娠前より約2カップボリュームアップする人が多いようです。乳腺の発達を妨げないように、きつめのぴったりした服を着るのは避けたほうがいいでしょう。 妊娠中でも乳頭から黄色っぽい分泌物が出る人もいますが、心配はいりません。母乳を出す準備が進んでいる証拠です。乳頭についた分泌物はふいたり洗い流したりして、乳頭やその周辺をいつも清潔にしておきましょう。

日本では、昔から、妊娠5カ月の戌の日に安産祈願をする習慣が。さらしの腹帯を巻いて祈願します。妊婦さんとしての自覚が出てきたというママもいます。妊婦帯(腹帯)は、大きなおなかを支えたり、腰痛や冷えを防いだりする効果もあります。着けてみて気持ちよく感じる人は、利用してみるのもいいでしょう。 つわりが終わって食欲が戻ってくるため、体重が増え始める人もいます。体調に問題のない人は、適度に体を動かして体重をコントロールすることも大切ですね。

皮下脂肪がつき始め、体の動きはさらに大きくなります

おなかの赤ちゃんの成長【16~19週ごろ】

●骨が丈夫になり、筋肉がついてきます。

●皮下脂肪がつき始めます。

●体の動きが豊かになり、上体を後ろに反らす、足を前にグーンと伸ばす、首を左右に振る、手の指を握るなどの動きをするようになります。

●皮膚に厚みが出て赤みがかり、全身に胎毛が生えます。

●髪の毛が生えます。

●手を口元にもってくるなどのしぐさをすることも。

赤ちゃんの骨はやわらかい軟骨ですが、さらに丈夫になり、筋肉がついてきます。皮下脂肪がつき始めるのもこのころ。そのため、体の動きが少しずつ大きくなってきます。胎動をママが感じ取れるまで、あとちょっと!

妊娠17週ころの超音波写真

筋肉と神経が発達し、指の動きも出てきます

肩などがしっかりしてきて指の動きが複雑になってきたのは、筋肉と神経が発達してきた証し。赤ちゃんが伸ばした手足が子宮壁に触れることで、やがて胎動を感じるようになります。

妊娠17週の生活アドバイス

監修医師:愛育病院センター長 中林正雄先生

妊娠中の美容

シミやそばかす、かゆみなど、妊娠すると肌トラブルに悩まされる人も少なくありません。予防とケアについて知っておきましょう。

トラブルの多くは産後には解消されます

妊娠すると「かゆい」「シミが増える」といった皮膚のトラブルや、「毛が濃くなる」「髪の毛が抜ける」といった体の変化が起こることがあります。これらの症状は、妊娠を維持したり、産後の体のために分泌されるさまざまなホルモンが影響して、引き起こされると考えられています。

不快症状で気持ちがふさいでしまいがちですが、「おなかの赤ちゃんが育つために起こる変化」と前向きにとらえ、少しでも予防、緩和できるようにケアしましょう。出産を終えるとホルモンの分泌が妊娠前の状態に戻りますから、驚くような急激な変化やトラブルの多くも産後には解消されますから心配いりません。

妊娠線を予防する

妊娠線は皮下組織に入った割れ目のような線。急激におなかが大きくなったり、体重が増えて、皮膚の伸びが追いつかず断裂が起こり、できてしまいます。おなかが大きくなる、妊娠5カ月ごろから注意が必要です。おなかだけでなく、乳房や二の腕、おしりや太ももにもできることが。見えにくい場所は鏡でチェックしましょう。

妊娠線の予防には急激な体重増加を避けることが大切。つわりが終わると食欲が出てくるので注意が必要です。バランスのとれた食生活と適度な運動をして、体重管理に努めましょう。 そして、肌が乾燥すると皮膚の伸びが悪くなり、妊娠線ができる要因になります。保湿をして肌を柔軟に保ちましょう。

皮膚のトラブル原因と対策

妊娠中に起こりやすい皮膚のトラブルには「かゆみ」や「かさつき」、「シミ」などがあります。かゆみやかさつきの原因は、妊娠によって肝臓の機能が低下したり、ホルモンバランスの変化が影響しているためと考えられています。シミはホルモンの影響でメラニン色素が増え、色素沈着が起こり、できやすくなります。

とにかく肌を刺激しないように心がけましょう。むやみにかいたり、ごしごしと洗ったりすると悪化してしまいます。基礎化粧品も妊娠前に使っていたものが合わなくなる場合もあります。保湿効果の高い、低刺激のものに替えてみましょう。

毛・髪のトラブル原因と対策

体毛が濃くなったり薄くなったりするのは、ホルモンの影響により起こります。どの部分が濃くなるのかは個人差があります。髪のパサつきや抜け毛もホルモンの影響や、栄養がおなかの赤ちゃんに優先的に送られるために起こるものです。産後は症状が落ち着いて、自然に元に戻りますから、あまり気にしないようにしましょう。

髪がパサついたり、抜け毛が増えると気になりますが、一時的なものです。やさしく洗うことを心がけ、髪に効果があるとされるカロテンやタンパク質をとるようにしましょう。見える部分の体毛が濃くなってしまった場合は、やさしく剃りましょう。

妊娠17週の気がかりやトラブル・病気

監修医師:東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学 教授 藤井知行先生

子宮頸管無力症ってどんな病気?

たいした自覚症状がないのに、子宮が収縮してしまったり、流産や早産を引き起こす病気がいくつかあります。どんな病気があるのか知識を持つことと、定期的に健診をきちんと受けておくことで防ぐことができるものも多いはず。

子宮頸管無力症

気をつけたい時期 妊娠16~28週

★どんな病気?
前触れもなく子宮口が開いてしまう病気
子宮口はお産が近づくと徐々に開いていきますが、まだ子宮口が閉じていなければならない時期に何の前触れもなく、自覚症状もないまま子宮口が開いてしまうトラブル。
★なぜなるの?
体質的に子宮頸管が弱いため
まだはっきりした原因はわかっていませんが、多くは赤ちゃんのいる子宮から膣につながる子宮頸管の筋肉組織が体質的に弱いために、子宮頸管がやわらかくなりやすく、短くなって開いてしまうからではないかと考えられています。
★どうすればいい?
子宮口を縛る手術を行います
そのままでは流・早産の恐れがあるので、多くは、なるべく早く子宮口を縛る手術(子宮頸管縫縮術)を行います。手術はマクドナルド法とシロッカー法の2種類があります。手術をしたら、赤ちゃんが十分に成熟するのを待ってから抜糸し、お産が始まるのを待ちます。
★赤ちゃんへの影響は?
適切な処置を行えばまず問題ありません
子宮頸管無力症はほうっておけば流・早産の恐れがあるものの、子宮頸管縫縮術を行えば、普通に日常生活を送ることができます。手術そのものが赤ちゃんに与える影響はありません。そのまま赤ちゃんが成熟する37週前後まで待てば、抜糸後に自然にお産が始まりますので、必要以上に心配することはありません。

子宮口を縛らないケースも増えています
最近では、子宮頸管縫縮術を行わないケースも増えています。この場合は入院しひたすら赤ちゃんが成熟するまで安静を保ちます。ただ、前回の妊娠で子宮頸管無力症が原因で流産をした場合などには子宮頸管縫縮術は有効です。

妊娠17週 ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

17週です。つわりのピークは過ぎ、だんだん落ち着き始めたかと安心していたのですが、ここ数日で再びつわりの症状がぶり返してきました。初期のころは食べたいときに食べられるものを食べるだけで大丈夫とのことでした。胎盤もほぼ完成した中期に入った今はどのようにつわりを乗りきったらいいのでしょうか?やはり栄養を赤ちゃんに届けるために無理してでも食べないといけない時期なのでしょうか?胃もたれや吐きけがあるので、食欲がわかず困っています。
つわりがやっと終わったと思ったのに、また症状が現れるのはつらいですね。…
現在17週です。おなかの張りが頻繁になってきましたが、どのくらいのペースで張ったら産院に行ったらいいのですか?またおならが出るときにもおなかが張ります。そういうこともあるのですか?
「張り」=子宮の収縮です。頻繁に張る、強い張りがある、という場合は流産や早産の心…
現在妊娠17週に入ったところです。今日、茶褐色のおりものが少量出ました。一昨日の朝に、初めて感じる下腹部の痛みがあったのですが、何か関係がありますか?子宮のあたりをギュッと絞られたような強めの痛みが4回ほどあったのですが。次の健診まで3週間あります。受診したほうがいいでしょうか?
出血=赤というイメージが強いようで、茶色いから大丈夫、と思っている妊婦さんは少な…
妊娠17週です。先月から片側の耳に不快さを感じます。 飛行機にでも乗ったかのような耳に膜が張る感じに似ています。 横になると治りますが、出先ではいつもこの症状に悩まされます。 ネットで調べると「耳管開放症」だということがわかりました。妊娠中になる人も多いそうですが、ほうっておいても大丈夫でしょうか?それとも耳鼻咽喉科に行くべきでしょうか?
妊婦さんによく相談される症状です。妊娠するとホルモンの影響やむくみなどから、耳が…
初めての妊娠で17週です。今までは内診と経腟超音波で胎児の様子を見ることができていたのに、今回の健診からは経腟超音波がなくなり経腹超音波もありませんでした。心音はしっかりとしていて、異常なしとは言われましたが、せっかくエコーも楽しみにしていたのに、残念で、様子がわからないことも不安です。28週までエコーがない健診は普通ですか?
通常、大きな病院では、妊婦さんに合併症があったり、胎児に問題がない限り、超音波検…

妊娠週数別基本情報

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

ここでは「妊娠超初期」とは妊娠が判明する前の妊娠0ー3週頃のことを指します。生理予定日付近からそれ以降に妊娠検査薬で確認することで、妊娠がわかる人が多いですが、生理予定日前から基礎体温の変化や出血・眠いなど体調の変化が感じられる人も。
そんな「妊娠超初期」の体の変化や気をつけたいことをまとめました。

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

妊娠1ヶ月

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠おめでとうございます。妊娠が判明し、ママの体は出産に向けて徐々に変化を始める時期。この頃つわりがピークを迎える人も多く、不安が大きい時期でもあります。不安なこの時期に気をつけることは?妊娠初期症状は?暮らしの中の注意事項は?妊娠がわかったころに知りたい情報をまとめました。

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠2ヶ月
妊娠3ヶ月
妊娠4ヶ月

妊娠中期-妊娠16週~27週

安定期と呼ばれる妊娠5カ月以降は、胎動が感じられたり、赤ちゃんの性別が分かる人も多い時期。ほっと一息つきがちなこの時期の注意事項は?気をつけたい症状は?安心しがちなこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠中期-妊娠16週~27週

妊娠5ヶ月
妊娠6ヶ月
妊娠7ヶ月

妊娠後期-妊娠28週~40週

出産まであと少し!お産のはじまりで気をつけることは?注意したい症状は?暮らしの中の注意事項は?赤ちゃんに出会える日への期待と不安が膨らむ妊娠後期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠後期-妊娠28週~40週

妊娠8ヶ月
妊娠9ヶ月
妊娠10ヶ月

出産・分娩

出産まであと少し!お産のはじまりからの流れや出産方法、陣痛を乗り切るコツや方法、帝王切開についてなど、事前に知っておきたい出産のための基本情報をまとめました。

妊娠したら気になるお金、手続きについて、事前に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠中期に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。

妊娠中期に関する新着記事

新着記事をもっと見る