1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠初期
  4. 妊娠2ヶ月

妊娠2ヶ月-妊娠初期-妊娠4週~7週

妊娠に気づき、つわりの症状が出てくる人もいます。

おなかの赤ちゃんは、最初は魚のような形をしていますが、妊娠7週までに一気にヒトの形へと変化をとげます。

妊娠2ヶ月のママの身体の変化と特徴

月経が遅れ、妊娠の予感が実感へ

月経が遅れて、「もしや妊娠?」と気づき始めるころです。朝の起きぬけや空腹時に胸がむかむかしたり、においに敏感になったりと、つわりの症状が出始める人もいます。体がほてる、食べ物の嗜好が変わる、眠いなど変化がある人も。おなかの大きさは変わりませんが、子宮はひと回り大きくなり、膀胱を圧迫するため頻尿になる場合もあります。予定月経のころ、「月経様出血(着床出血)」という、月経と間違えそうな出血があることも。体の変化を感じたら、早めに受診しましょう。

妊娠2ヶ月のおなかの赤ちゃんの成長

30億年の生物の進化を一気に遂げます

妊娠5~6週になると超音波検査で、胎囊を確認することができます。確認できれば、異所性妊娠の心配もなくひと安心。妊娠10週未満の赤ちゃんは胎芽 と呼ばれ、頭と胴の区別がついて2頭身に。人間の赤ちゃんらしくなります。手足には水かきのようなものがあり、しだいに指が分かれていきます。脳や脊髄、目や耳の神経などが急速に発達。妊娠4~7週は器官形成期といい、大事な時期です。この時期の赤ちゃんは、魚類、両生類、爬虫類、哺乳類の原型、ヒトへと、生物の進化を一気に遂げます。

妊娠2カ月のママがおなかの赤ちゃんのためにできること

赤ちゃんが見えたときの感動をしっかりと心に刻みましょう

微妙な体の変化を感じて、妊娠を実感しているころではありませんか? それとも産院の超音波検査で小さな丸い袋に入っている赤ちゃんを見て、感動しているころでしょうか? これから約8カ月間、あなたとともに過ごす「赤ちゃん」です。この感動をしっかりと覚えておいてください。日記に書いておくのもいいですね。子どもが成長したときに見せてあげたら、今のあなたと同じように感動してくれるかもしれません。

これからつわりの症状が強くなる人もいます。でもこれはおなかの中で赤ちゃんが成長している証拠です。そしておなかの中から赤ちゃんが、「ママ、ここにいるよ」と送っているサインです。つわりは、多くのママの場合、胎盤が完成する4カ月ころになれば治まります。つわりの症状が軽い人は、体重管理に気をつけましょう。初期から体重が増えてしまうと、これからが大変。バランスのとれた食事と減塩を心がけましょう。つわりがひどい人は、食生活の見直しは体調がよくなってから。今は食べられるものを食べるだけで十分です。

この時期やっておきたいこと

  • ・産婦人科で妊娠の確認

市販の妊娠検査薬で陽性反応が出ても、子宮以外の場所に受精卵が着床する「異所性妊娠」や、受精卵の染色体異常で起こる「胞状奇胎」など異常妊娠の可能性もあります。陽性反応が出たら妊娠の一つの目安として考え、産婦人科を受診して妊娠の診断を受けましょう。

妊娠週数別基本情報

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

ここでは「妊娠超初期」とは妊娠が判明する前の妊娠0ー3週頃のことを指します。生理予定日付近からそれ以降に妊娠検査薬で確認することで、妊娠がわかる人が多いですが、生理予定日前から基礎体温の変化や出血・眠いなど体調の変化が感じられる人も。
そんな「妊娠超初期」の体の変化や気をつけたいことをまとめました。

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

妊娠1ヶ月

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠おめでとうございます。妊娠が判明し、ママの体は出産に向けて徐々に変化を始める時期。この頃つわりがピークを迎える人も多く、不安が大きい時期でもあります。不安なこの時期に気をつけることは?妊娠初期症状は?暮らしの中の注意事項は?妊娠がわかったころに知りたい情報をまとめました。

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠2ヶ月
妊娠3ヶ月
妊娠4ヶ月

妊娠中期-妊娠16週~27週

安定期と呼ばれる妊娠5カ月以降は、胎動が感じられたり、赤ちゃんの性別が分かる人も多い時期。ほっと一息つきがちなこの時期の注意事項は?気をつけたい症状は?安心しがちなこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠中期-妊娠16週~27週

妊娠5ヶ月
妊娠6ヶ月
妊娠7ヶ月

妊娠後期-妊娠28週~40週

出産まであと少し!お産のはじまりで気をつけることは?注意したい症状は?暮らしの中の注意事項は?赤ちゃんに出会える日への期待と不安が膨らむ妊娠後期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠後期-妊娠28週~40週

妊娠8ヶ月
妊娠9ヶ月
妊娠10ヶ月

出産

出産まであと少し!お産のはじまりからの流れや出産方法、陣痛を乗り切るコツや方法、帝王切開についてなど、事前に知っておきたい出産のための基本情報をまとめました。

出産

妊娠2ヶ月 ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

妊娠検査薬で陽性反応が出ました。検査前、生理予定日より1週間ほど遅れているころに友だちと飲みに行きました。忘年会シーズンで、普段は飲まないような強いお酒やシャンパンなどたくさん飲んでしまいました。妊娠初期は脳や神経などの形成時期と聞きとても心配です。赤ちゃんに何か悪い影響はありますか?
妊娠中はアルコールの摂取はしないのが基本です。とはいえ、妊娠が判明する前にお酒を…
先日、妊娠が判明しました。現在5週です。妊娠が判明する1週間ほど前から風邪をひいてしまい、ずっと市販の風邪薬を服用していたのですが、胎児になんらかの影響はないのでしょうか?
妊娠がわかる前に飲んだ薬は、心配になりますね。最終月経から28日(妊娠4週)まで…
先日妊娠がわかり、妊娠6週の初妊婦です。妊娠がわかったその前日まで、毎日2L以上のビールを飲み、毎日1箱以上のたばこを吸っていました。今はきっぱりやめたのですが妊娠4~7週が超敏感期で胎児への影響が大きいと聞いたことがあります。まだ気づかなかったとはいえ、超敏感期に大量のたばことビールを摂取したことで、胎児の発育や障害、出生後の発育や障害に影響はないでしょうか。
妊娠中はアルコールとたばこは避けるのが基本です。とはいえ、妊娠判明前にそうとは知…
妊娠7週です。つわりがひどくてごはんが食べられません。産院に受診して吐きけ止めをもらいました。薬を飲んだら少しはよくなりますが、また気持ち悪くなるのが怖くてごはんを食べられません。
つわりで食べられないときに、「なんとしても食べなければ!」と思ってしまう妊婦さん…

妊娠初期に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。

妊娠初期に関する新着記事

新着記事をもっと見る