1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中期
  4. 妊娠中期(24週)

妊娠24週(妊娠7ヶ月)

【医師監修】妊娠24週 妊婦の基本情報

赤ちゃんは羊水の中でぐるぐる動き回っています

妊娠24週の妊婦の症状、体の変化、赤ちゃんの成長

監修医師:かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

赤ちゃんの体の機能が発達してきた証拠に、羊水の中で向きを変えたり、ぐるぐる回ったりしてしきりに動きます。

ママは子宮の重みで、体への負担が大きくなってきました。

おなかが大きくなって、あお向けで寝るのがつらくなってきます

妊娠24週になりましたね。妊娠7カ月のスタートです。 子宮の上部は、おへそのラインを越えるため、下腹部だけではなくおへその上までなだらかな丸みを帯びてきます。おなかは一段と大きくなり、重みも感じ始めるころです。 夜は、十分に睡眠をとることができていますか? あお向けに寝ると、大きくなった子宮が下半身から心臓へと戻る大静脈を圧迫するため、息苦しさを感じ始める時期でもあります。寝るときは、体の向きを左下にした横向きなどの、楽な姿勢で休むようにしましょう。

ホルモンの影響で骨盤の関節が緩んでいるところに、大きく重くなった子宮が乗っているせいで腰や背中に負担がかかるため、腰痛がひどくなる人もいます。 おなかが大きくなるのに伴い、皮膚が引き伸ばされて皮下組織が断裂し、妊娠線ができやすくなります。乳輪部の色素沈着も進むでしょう。さらに、妊娠中は口内環境が悪くなります。ホルモンバランスの影響で、歯茎の腫れや出血が起こりやすくなります。ほうっておくと歯周病が進行しかねません。歯周病は早産のリスクを高めるので注意が必要です。妊娠中は口腔ケアを怠らないようにしましょう。

羊水の中でぐるぐる動き回っています

おなかの赤ちゃんの成長【24~27週ごろ】

●脳の発達がさらに進み、体全体の機能をコントロールするようになります。

●耳や目で得た情報を脳へ送る伝達経路が完成します。

●羊水の中で回転して自分で向きを変えられます。さかご(骨盤位)になることも。

●皮膚から血管が透き通って見えることが少なくなります。

●目のレンズ部分が現れ、ときどきまばたきをします。

●男女の外性器がわかることもあります。

脳が発達して体の制御機能が高まるため、体の向きを変えて動き回るようになります。頭が上、足が下になるさかご(骨盤位)になっても元に戻る確率は高いでしょう。25週以降、男女の性別がわかることも増えてきます。

このころの超音波写真

赤ちゃんは自分で向きを変えられます

赤ちゃんは羊水の中で向きを変えて、さかごになったり戻ったりしています。胎盤に厚みがあり、へその緒の付着位置が中央寄りであると、赤ちゃんに十分な栄養が届きやすいでしょう。

妊娠24週の生活アドバイス

監修医師:愛育病院センター長 中林正雄先生

腰痛・肩凝り・頭痛

おなかが大きくなってくると、腰痛や肩こり、頭痛に悩まされるママも。正しい姿勢やストレッチで痛みを緩和しましょう。

正しい姿勢やストレッチ、血行促進で痛みを緩和して

妊娠すると腰痛や肩こり、頭痛といった不快症状に悩まされる人も多いでしょう。腰痛は妊娠したことによるホルモンの影響で関節が緩み、筋肉やじん帯に負担がかかり、起こりやすくなります。また、大きくなるおなかを支えるために腰への負担はますます増えていきます。

肩こりは乳房が大きくなって肩への負担が増えることや、姿勢の変化で起こります。そして肩こりから頭痛を併発することも。頭痛は妊娠前から悩まされている人もいますが、妊娠中はつわりやストレスが原因で起こります。いずれのトラブルもストレッチやマッサージなどで血行を促したり、姿勢を正すことで緩和できます。

頭痛に悩まされたら

原因にもよりますが、まずは産科で頭痛の痛みの程度、痛い期間や頭痛以外の症状がないかなどを伝え、頭痛薬を処方してもらいましょう。

自分で市販薬を使うのは控えて、頭を冷やしたり、休むことで症状の改善を待ちましょう。

頭痛の原因

緊急度の高い頭痛があります。もともと高血圧の人は頭痛があったら注意が必要です。「妊娠高血圧症候群」と診断された場合も注意しましょう。親族にくも膜下出血の人がいたら要注意。普段頭痛持ちではないのに、急にガンガンと頭が痛くなった場合は受診を。急に高熱が出て、インフルエンザが疑われるときは、すぐに受診をしましょう。

以下の場合には緊急度は低いです

●つわり
吐きけや嘔吐(おうと)などの代表的な症状のほかに頭痛を訴える人も。思うように食べられず、血糖値が下がり起こります。
●風邪
頭痛のほかに、のどの痛みやせき、鼻水、発熱などがおもな症状。38度以上の熱がある場合はすぐに受診を。
●片頭痛
頭痛のなかでも大半をしめる原因です。慢性的に痛みが現れることが多く、数時間から2、3日程度続きます。
●肩凝り
運動不足だったり、姿勢が悪いと肩こりが起こりやすく、肩こりが頭痛を招きます。

妊娠24週の気がかりやトラブル・病気

監修医師:東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学 教授 藤井知行先生

切迫早産の気がかりを解消しよう

切迫早産についての気がかりをまとめてみました。

切迫早産Q&A

Q.赤ちゃんの成長には影響するの?
A.切迫早産そのものが赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼすことはありません。ただ原因によっては影響する場合も。たとえば妊娠高血圧症候群や胎児機能不全など、原因そのものが赤ちゃんの成長を阻害する場合などがそうです。

Q.運動や立ち仕事などで切迫早産になる?
A.切迫早産の原因の多くは感染症です。ですから運動や立ち仕事が引き金になって起こることはありません。ただ、運動や立ち仕事をすることによるおなかの張りはあるでしょう。しかしこれも、安静にして収縮が治まれば問題ありません。

Q.入院安静から退院したら、動いてもいい?
A.退院の許可が出ても、引き続き薬を飲み続けなければならないケースもあります。退院時によく医師に話を聞き、指示に従いながら、徐々に動く範囲を増やしていきましょう。

Q.自覚症状がない場合もあるの?
A.多くはおなかの張りや痛み、出血やおりものの変化などの症状があります。ただ、子宮頸管無力症の場合は何も自覚症状がなく、気づかないうちに子宮頸管が短くなったり、子宮口が開いてきたりします。子宮頸管は短ければ短いほど早産になりやすく、何の前触れもなく破水することも。早期発見のためにも、妊婦健診を欠かさず受けることが大切です。

Q.早産で生まれた赤ちゃんはどうなるの?
A.原因はそれぞれですが、成熟しきっていない状態で生まれた赤ちゃんは免疫力が低く、感染症にかかりやすいなど、何らかのトラブルが起こりやすい状態にあります。注意深く観察し、必要があれば治療をしていくことになります。

妊娠中期(24週) ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

24週の初産婦です。最近おなかが大きくなってきたのですが、伸びをしておなかが突っ張ったときに、おへそのあたりがキューッとなって、痛くて動けなくなりました。おへそを引っ張られるような、つったような痛みで何分かじっとしていると治りました。この痛みはなんだったのかとても気になります。おへそがつることはあるのでしょうか?
おそらく子宮が大きくなっていく過程で、おへそを中心としたおなかの周囲を圧迫して起…
24週の妊婦です。今の時点で体重が5㎏~6㎏増えてしまいました。このペースだと臨月のときに何kg増えてるんだろうと不安になるばかりです。上の子のときは体重管理をきちんとせずに出産したため陣痛の時間がとても長くなってしまいました。出産まで約100日と少しありますがどのような食生活をしていけばいいのでしょうか。ちなみにBMIはやせ形の判定でした。
体重増加が気になっているのですね。BMIではやせ形ということですが、普段の食事の…
現在24週で7カ月の初ママです。健診では赤ちゃんも私も何も異常ありませんでした。しかし、掃除を40分程度していたらおなかが少し張った感じがあり、ゆっくり安静に過ごしました。そしてトイレに行ったらパンツに茶色いおりものがついており、トイレットペーパーには赤い鮮血がつきました。もう夜だったこともあり、安静にしなきゃという思いもあってすぐ病院に電話したところ、「2~3時間安静にして、出血が生理のようにドロドロ出ていたら病院に来てください。出血が治まっていたら心配いりません」と言われました。1時間半たったら、痛みも張りもなくなりました。でもトイレにいくと血の混ざった尿が出ます。トイレットペーパーには薄くピンクの色がつきました。赤ちゃんの胎動は変わりなくよく感じます。病院へは行かずこのまま安静にしといたら本当に大丈夫なのでしょうか?
通常、24週あたりのこの時期は妊娠生活も体も安定していて、経過が順調な妊婦さんな…
妊娠24週の初産婦です。もともと、おなかを壊しやすい体質だったのですが、妊娠中の腹痛を伴う下痢のとき、1時間くらいトイレから出られないときがあります。おなかの赤ちゃんは大丈夫なのでしょうか。ママの痛みなど、おなかの赤ちゃんは、感じたりするのでしょうか。
妊娠すると便秘になる妊婦さんは非常に多いですが、中には下痢が続くという妊婦さんも…
妊娠24週です。立ち仕事をしていておなかの張りはいつもありましたが、初めて下腹部が痛んだので、産院へ行ったら「子宮頸管(しきゅうけいかん)が前回の健診時より短くなっているので安静に」と言われました。仕事を休んでいるのですが、一度短くなった子宮頸管は安静にしていれば元に戻るんでしょうか?
おなかの張りが原因で子宮頸管が短縮しているのなら、張りが治まることで長さが回復す…

妊娠週数別基本情報

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

ここでは「妊娠超初期」とは妊娠が判明する前の妊娠0ー3週頃のことを指します。生理予定日付近からそれ以降に妊娠検査薬で確認することで、妊娠がわかる人が多いですが、生理予定日前から基礎体温の変化や出血・眠いなど体調の変化が感じられる人も。
そんな「妊娠超初期」の体の変化や気をつけたいことをまとめました。

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

妊娠1ヶ月

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠おめでとうございます。妊娠が判明し、ママの体は出産に向けて徐々に変化を始める時期。この頃つわりがピークを迎える人も多く、不安が大きい時期でもあります。不安なこの時期に気をつけることは?妊娠初期症状は?暮らしの中の注意事項は?妊娠がわかったころに知りたい情報をまとめました。

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠
2ヶ月
妊娠
3ヶ月
妊娠
4ヶ月

妊娠中期-妊娠16週~27週

安定期と呼ばれる妊娠5カ月以降は、胎動が感じられたり、赤ちゃんの性別が分かる人も多い時期。ほっと一息つきがちなこの時期の注意事項は?気をつけたい症状は?安心しがちなこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠中期-妊娠16週~27週

妊娠
5ヶ月
妊娠
6ヶ月
妊娠
7ヶ月

妊娠後期-妊娠28週~40週

出産まであと少し!お産のはじまりで気をつけることは?注意したい症状は?暮らしの中の注意事項は?赤ちゃんに出会える日への期待と不安が膨らむ妊娠後期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠後期-妊娠28週~40週

妊娠
8ヶ月
妊娠
9ヶ月
妊娠
10ヶ月

出産

出産まであと少し!お産のはじまりからの流れや出産方法、陣痛を乗り切るコツや方法、帝王切開についてなど、事前に知っておきたい出産のための基本情報をまとめました。

出産

妊娠中期に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。