1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中期
  4. 妊娠7ヶ月
  5. 妊娠27週

妊娠27週 妊娠7ヶ月

【医師監修】妊娠27週 妊婦の基本情報

大きくなるおなかと肌のケアもしっかりと

妊娠27週の妊婦の症状、体の変化、赤ちゃんの成長

監修医師:かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

赤ちゃんの体の機能が発達してきた証拠に、羊水の中で向きを変えたり、ぐるぐる回ったりしてしきりに動きます。

ママは子宮の重みで、体への負担が大きくなってきました。

子宮底はおへそより上に到達するころです

妊娠27週になりましたね。妊娠7カ月の4週目で、7カ月の最後の週になります。 おなかは、また一段と大きくなり、重苦しい感覚も加わるころです。子宮のてっぺん(子宮底)は、おへそより上部に達し、下腹のほうばかりでなくウエストの上のほうまでふっくら大きくふくらんできます。

大きくなった子宮の重みが原因で腰や背中に負担がかかる上、ホルモンの作用で骨盤の関節が緩むため、腰痛が悪化してしまうことがあります。つらいようなら医師に相談しましょう。 夜は、心地よく眠れますか? 上を向いて寝ると、大きく重くなった子宮が足のほうから心臓へ続く大静脈を圧迫するため、血圧が下がって気分が悪くなってくる時期でもあります。横たわるときは、体の向きを左下にした横向きなどの楽な姿勢で休むといいでしょう。 おなかが大きくなってきたら、妊娠線にも気をつけたいものです。妊娠線は、皮膚が引き伸ばされて皮下組織が断裂してできるもので、現れる部位はおなかや乳房、おしり、あるいは太ももや二の腕など多岐にわたります。妊娠線は、急激に体重が増加したときや、皮膚が乾燥しているときにできやすいので体重管理に努めることが大切です。

羊水の中でぐるぐる動き回っています

おなかの赤ちゃんの成長【24~27週ごろ】

●脳の発達がさらに進み、体全体の機能をコントロールするようになります。

●耳や目で得た情報を脳へ送る伝達経路が完成します。

●羊水の中で回転して自分で向きを変えられます。さかご(骨盤位)になることも。

●皮膚から血管が透き通って見えることが少なくなります。

●目のレンズ部分が現れ、ときどきまばたきをします。

●男女の外性器がわかることもあります。

脳が発達して体の制御機能が高まるため、体の向きを変えて動き回るようになります。頭が上、足が下になるさかご(骨盤位)になっても元に戻る確率は高いでしょう。25週以降、男女の性別がわかることも増えてきます。

妊娠27週ころの超音波写真

女の子である印が見えます

外陰部を表すリップサインは女の子の印。外性器が突出していないので、わかりづらいでしょう。ちなみに超音波検査は性別判定のためではなく、赤ちゃんの発育を診る検査です。

妊娠27週の生活アドバイス

監修医師:愛育病院センター長 中林正雄先生

生命保険の基礎知識

パパやママになったら、赤ちゃんのためにも、万が一に備えて生命保険に入っておきたいもの。既に加入済みの人も、妊娠を機会に保険の見直しをしましょう。

生命保険にはどんなものがあるの?

赤ちゃんが生まれたら、万が一に備えて、生命保険に入っておきたいものです。保険にはいろいろな種類がありますが、入っておきたいのは死亡保険と医療保険。死亡保険とは保険に加入した人が死亡したとき、契約した期間内であった場合、かけている金額がもらえます。そして医療保険は、病気やけがなどで入院や手術が必要になった場合に、契約内容に合わせた給付金がもらえるものです。どちらの保険も、必要以上の保障額を備える必要はありません。保険料にお金がかかってしまい、家計を圧迫してしまっては大変です。 死亡保険と医療保険のほかにも、貯蓄性がある個人年金保険や養老保険など、医療系保険としてはがん保険、介護保険などがあります。

パパの死亡保障を第一優先にしましょう。保険の種類はいろいろありますが、とにかくおさえておきたいのは死亡保障と医療保障。中でもまずパパの死亡保険を第一に。共働きも増えていますが、赤ちゃんが小さいうちはパパが生活を支えているケースがほとんど。パパに万が一のことがあった場合に備えます。次にパパとママの医療保障、ママの死亡保険と考えましょう。

●死亡保険に入るとき、見直すときの注意点は?
家族に合った最低限の保障額を考えて
死亡保険に新しく入るときは、万が一のとき、どれくらいの保障が必要なのかを考えることが大切。共働きか、賃貸住まいか、自営業かなど家族のスタイルによっても必要な保障額は違ってきます。すでに入っている保険を見直すときは、その必要保障額と比べてみて、多ければ減額、たりない場合は増額しましょう。そして、同じ保障額でも保険料が少しでも安くなるように、検討しましょう。今の保険料がかなり高い場合は、新たに入り直すことも考えてみて。保険会社によっては、HPなどで保険料を試算できます。

●医療保険に入るとき、見直すときの注意点は?
死亡保険と同様、最低限の保障額で
パパが病気やけがで入院や手術が必要になった場合、まとまったお金が要るだけでなく、収入も途絶えてしまいます。つい、万が一に備えて保障をつけたくなりますが、高額療養費という公的制度や、パパが会社員であれば傷病手当金という制度もありますから、最低限の保障があればいいと割り切って、シンプルなものを選んで。

妊娠27週の気がかりやトラブル・病気

監修医師:東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学 教授 藤井知行先生

気をつけたい胎盤のトラブル1

赤ちゃんにママの血液中の酸素や栄養を届け、赤ちゃんからママへいらなくなった二酸化炭素や老廃物を渡すなど、赤ちゃんの成長には欠かせない、大切なパートナーである胎盤。だからこそトラブルが起こるとその影響は大きいものに。どんなものか見ていきましょう。

前置胎盤

気をつけたい時期 妊娠20~36週

★どんな症状?
胎盤が子宮口をふさぐような位置にある状態
胎盤が子宮口をふさぐような位置にできてしまうのが前置胎盤です。胎盤の一部が子宮口にかかっている場合を部分前置胎盤、子宮口のごく近くにある場合を低置胎盤ともいいます。診断は超音波検査で行いますが、確定までには時間がかかります。それは子宮が大きくなるにつれ、胎盤が上方へ移動することがあるためです。前置胎盤であれば出血することもありますが、健診の間隔があきやすい中期などは、とくに注意し、出血があればすぐに受診しましょう。

★なぜなるの?
はっきりした原因はわかっていません
受精卵が子宮口の付近に着床してしまうことが原因です。その理由は明らかではありませんが、受精卵は子宮内膜の最もくっつきやすい場所に着床するので、過去、子宮に何らかの手術のあとなどがあると、子宮口付近に着床してしまう可能性も。

★どうすればいい?
安静を保つため入院することも
前置胎盤の妊婦さんは、出血を起こしやすくなります。中期以降、生理的に子宮が収縮すると胎盤と子宮壁にずれが生じ、大出血を起こすことも。おなかの張りには注意をはらい、張ったら安静にしましょう。出血に気づいたら、すぐ受診して。入院して安静を保つ場合もあります。

★赤ちゃんへの影響は?
帝王切開分娩でのお産になるでしょう
出産時の赤ちゃんの出口である子宮口を胎盤がふさいでしまっているわけですから、そのままでは赤ちゃんは子宮から外に出てこられません。子宮収縮などのお産の兆候が見られると胎盤がはがれて大出血を起こし、ママの命にも危険が及ぶため、出産は帝王切開分娩になります。低置胎盤の場合は、位置と出血の程度によって違ってくるでしょう。

妊娠27週 ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

現在27週です。横になるときはあお向けより左を下にとアドバイスにありましたが、どうしてでしょうか? 左を向くより、右を向く体勢のほうが楽なのですが……。
確かに妊娠中あお向けになると、大きなおなかに圧迫されて苦しいだけでなく、おなかの…
27週の初またです。毎日胎動がわかるようになってきたのですが、その胎動が不快に感じてしまうんです。毎日毎日、おなかの中でゴロゴロ動いたり、蹴(け)ったりと元気なのはわかり、授かったことに喜びも感じているのですが。こんなふうに感じてしまうのは母親になる資格がないのでしょうか。
胎動の感じ方は人それぞれです。母親になる資格がないなんて、そんなことはないですよ…
27週で何事もなく今まできていますが、たまに突然心臓がバクバクします。1~2分間くらい(たぶん)続いてだんだん落ち着くのですが、不整脈か心臓の病気か心配です。妊娠が原因でこのようなことが起きることはありますか?
妊娠するとプロゲステロンというホルモンが増加するため、呼吸中枢を刺激して…
現在妊娠27週の初産婦です。前回から2週間に1回の健診になり、毎回楽しみにしています。子宮底長のことなんですが、22週の健診では18cmで健診のたびに大きくなってたので安心してましたが、27週の健診では19cmと全然大きくなってませんでした。腹囲も1cmずつしか大きくなっておらず、すごく不安です。赤ちゃんは順調だよと先生に言われましたが、不安でしかたありません。赤ちゃんが順調で成長が平均値なら、子宮底長や腹囲は気にしなくてもいいのですか?
子宮底長などの数値は、妊婦さんには気になる存在ですね。…
現在27週の初マタです。24週のときに切迫早産(せっぱくそうざん)と診断され、入院安静でしたが、退院の許可が出ました。自宅安静は続きます。子宮頸管(しきゅうけいかん)は短いし、内子宮口は開いてるのに、おなかの張りがないという理由で退院しても大丈夫でしょうか?不安でたまりません。
医師の診断にもよりますが、27週で子宮口が開いている場合、通常であれは退院させな…

妊娠週数別基本情報

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

ここでは「妊娠超初期」とは妊娠が判明する前の妊娠0ー3週頃のことを指します。生理予定日付近からそれ以降に妊娠検査薬で確認することで、妊娠がわかる人が多いですが、生理予定日前から基礎体温の変化や出血・眠いなど体調の変化が感じられる人も。
そんな「妊娠超初期」の体の変化や気をつけたいことをまとめました。

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

妊娠1ヶ月

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠おめでとうございます。妊娠が判明し、ママの体は出産に向けて徐々に変化を始める時期。この頃つわりがピークを迎える人も多く、不安が大きい時期でもあります。不安なこの時期に気をつけることは?妊娠初期症状は?暮らしの中の注意事項は?妊娠がわかったころに知りたい情報をまとめました。

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠2ヶ月
妊娠3ヶ月
妊娠4ヶ月

妊娠中期-妊娠16週~27週

安定期と呼ばれる妊娠5カ月以降は、胎動が感じられたり、赤ちゃんの性別が分かる人も多い時期。ほっと一息つきがちなこの時期の注意事項は?気をつけたい症状は?安心しがちなこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠中期-妊娠16週~27週

妊娠5ヶ月
妊娠6ヶ月
妊娠7ヶ月

妊娠後期-妊娠28週~40週

出産まであと少し!お産のはじまりで気をつけることは?注意したい症状は?暮らしの中の注意事項は?赤ちゃんに出会える日への期待と不安が膨らむ妊娠後期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠後期-妊娠28週~40週

妊娠8ヶ月
妊娠9ヶ月
妊娠10ヶ月

出産・分娩

出産まであと少し!お産のはじまりからの流れや出産方法、陣痛を乗り切るコツや方法、帝王切開についてなど、事前に知っておきたい出産のための基本情報をまとめました。

妊娠したら気になるお金、手続きについて、事前に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠中期に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。

妊娠中期に関する新着記事

新着記事をもっと見る