1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠後期
  4. 妊娠後期(35週)

妊娠35週(妊娠9ヶ月)

【医師監修】妊娠35週 妊婦の基本情報

赤ちゃんがふっくら、成長してきました

妊娠35週の妊婦の症状、体の変化、赤ちゃんの成長

監修医師:かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

赤ちゃんは皮下脂肪がついて、ふっくらした体つきに!

大きくなった子宮に胃や膀胱が圧迫され、胃のむかつきや尿もれなど不快症状に悩まされるママも増えます。

大きくなったおなか、背中や腰、脚のつけ根、脚の筋肉に負担がかかります

妊娠35週になりましたね。妊娠9カ月の4週目で、9カ月の最後の週になります。 ますます大きくなっていくおなかを支えるために、背骨の反り返りも際立ってきます。背中の痛みや腰痛などは出ていませんか? 腰や背中は負担を強いられ、痛みがひどくなることも。また、足にもかなり負担がかかってきます。脚のつけ根が痛んだり、つってしまったり、あるいは、むくみが悪化したと訴えるママもいるでしょう。どの症状も、お産が終われば軽快するケースがほとんどですが、つらいときは産院で相談しましょう。

子宮のてっぺん(子宮底)は、みぞおちまで達します。そのため、胃が押し上げられて、治まったつわりがまた始まったかのように気持ち悪くなるなどの胃腸症状が出る人も。食後に気持ちが悪くなったりする場合は、食べる量を減らし、何回かに分けてとることをおすすめします。ただし、1日に必要なカロリーをオーバーしないように気をつけましょう。 この時期、動悸や息切れに悩まされるママもいますが、胃と一緒に心臓や肺も圧迫されるためです。 また、子宮の下の膀胱が圧迫されて、頻尿になったり、せき込んだりしたときなど腹圧がかかった瞬間に尿がもれてしまうといったトラブルも多くなるでしょう。 妊娠週数が進むにつれて、おなかの張りもどんどん増えていきます。体重が増えていくと、歩いたり体を動かしたりしたあとは相当疲労がたまりやすいことも。疲労が蓄積すると、ますますおなかが張りやすくなる傾向があります。「疲れた」と思ったら、早めに安静にし、体を休めましょう。

肺の機能が完成し、体つきもふっくらしてきます

おなかの赤ちゃんの成長【32~35週ごろ】

●皮下脂肪が増え、体つきがふっくらして、外見的には新生児とほとんど同じようになってきます。

●35週になると肺の機能がほぼ完成に近づきます。

●胎児を保護する作用がある胎脂(皮膚からはがれた細胞や、皮脂腺からの分泌物が混じったもの)で全身が覆われます。

●髪の毛が長くなり、つめは指の先端まで伸びてきます。

ついに肺の機能が完成。皮下脂肪がついてふっくらとしてきます。生後すぐのころの赤ちゃんの外見に近いでしょう。循環する羊水量が少しずつ減って、子宮内で赤ちゃんが動くスペースも狭くなります。

このころの超音波写真

筋肉がついてたくましい体つきに

ぐっと握り締めた、手のげんこつの山が写っています。手前に写っているのは足のひざのように見えます。それぞれの体の部位は筋肉がついて、たくましさを増してきました。

妊娠35週の生活アドバイス

監修医師:愛育病院センター長 中林正雄先生

立ち会い出産の心得

両親学級で立ち会い出産について学んだパパも多いことでしょう。立ち会い出産を成功させるために大事なことをまとめてみました。

夫婦でよく話し合って決めましょう

立ち会い出産は、陣痛が始まったときからママに付き添い、出産に至るまでサポートをして、夫婦で一緒に赤ちゃんの誕生を迎えることです。夫婦で協力することで絆(きずな)が生まれるだけでなく、パパもスムーズに子育てができるメリットがあります。産院によっては、立ち会いたくてもできない場合もありますから確認を。

また、立ち会い出産は夫婦の気持ちが一致していることが前提です。無理強いは禁物。立ち会う、立ち会わない、いずれにせよ納得した上で選びましょう。

パパができること

お産の際、ママやおなかの赤ちゃんに何かしらのトラブルが起こったり、緊急帝王切開分娩になった場合などは、立ち会うことはできません。また、仕事の都合などで立ち会えない場合も。

出産に立ち会うつもりはない、立ち会うことができないという場合でも、妊娠中、ママやおなかの赤ちゃんとのかかわりを積極的に持ちましょう。たとえば、毎日胎動を夫婦で楽しむ、ママの妊娠線チェックをするなど。夫婦で赤ちゃんを迎える気持ちを忘れないで。

妊娠35週の気がかりやトラブル・病気

監修医師:東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学 教授 藤井知行先生

出産が近くなったら気をつけること2

だんだん出産が近づいてきました。赤ちゃんに会える日に備えて、今のうちに治しておかなければいけない病気や気をつけたいトラブルがあります。

前期破水

気をつけたい時期 妊娠28~36週ごろ

★どんな症状?
陣痛が起こる前に羊水が流れ出てしまいます
赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れ、羊水が流れ出ることを破水といいます。通常は陣痛が起こり、子宮口が全開大になってから起こることが多いのですが、陣痛がまだ起こっていない段階で破水してしまうことを前期破水と呼んでいます。破水が大量だと気づきやすいのですが、少量だと尿と間違えやすいので注意が必要。破水かなと思ったら、まずは産院に連絡しましょう。

破水かな?と思ったら・・・ 破水の量が多い場合は、ナプキンをあてバスタオルを巻いて横になり、車で産院へ。破水かどうかわからなくても、感染予防のためシャワーや入浴は控えて受診しましょう。

病院に行くまでに注意すること

●入浴は控える
●大量に破水している場合は、ナプキンやバスタオルをあてて横になる
●産院へは車で移動する

★どんな治療をするの?
破水の確認ができたら赤ちゃんの感染予防の処置を
1.破水かどうかを調べます
産院では、破水かどうかをまず確認します。破水ではなかった場合は、ひとまず帰宅することに。
2.破水とわかったら抗菌薬を投与して細菌感染を防ぎます
破水が確認できたら入院して感染予防の処置を受けます。37週以降であれば感染予防をしたうえで自然に陣痛が来るのを待ちます。

★赤ちゃんへの影響は?
37週以降であれば、多くは24時間以内に陣痛が始まります。陣痛が始まらない場合には、子宮内感染を防ぐために、陣痛促進薬を使ってお産に導くこともあります。適切な処置が行われていれば、赤ちゃんへの影響はまずありません。

前期破水Q&A

Q.破水したら自分でわかる?
A.わからないことも多く、自己判断は禁物です
破水が大量の場合はすぐにわかりますが、少量だったり、チョロチョロと出ているだけでは、おりものや尿と間違えやすいので自分ではわかりにくいかもしれません。自己判断はとても危険です。破水の可能性があったら、迷わず産院に連絡して受診しましょう。

Q.セックスで前期破水することってある?
A.セックスそのものの刺激では破水はしません
赤ちゃんを包んでいる卵膜は想像以上にかたいので、セックスの刺激で破水することは考えられません。ただ、コンドームを着けない、不衛生な状態などでのセックスが引き金となって感染症を発症した場合、症状が進むと結果的に破水して早産を引き起こすこともあります。

前期破水したときに気をつけること

● あわてず産院に連絡する。母子健康手帳や診察券、健康保険証を忘れずに。
● 感染予防のため、シャワーや入浴は厳禁。
● バスタオルやナプキンをあててできるだけ横になり、車で移動する。

妊娠後期(35週) ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

妊娠35週に入った、35才の初マタです。最近、家事(炊事や買い物)をしただけで動悸(どうき)や息ぎれがあり悩んでます。ひどいときは呼吸が苦しくなるくらいです。BMIは22で非妊娠時から8kg増加程度ですが、妊娠前から専業主婦で運動もまったくせず過ごしてきました。体力不足でしょうか?お産に耐えられるかも不安です。
動悸・息ぎれがひどいのですね。貧血があると動悸・息ぎれがします。貧…
35週の初産婦です。3日前から陰唇が腫(は)れてきて、虫に刺されたみたいにふくらんでいます。痛がゆくて座ると痛くてつらいです。5日後に健診があるのでそのときに見てもらおうとは思っているんですが、その日まで放置しておなかの赤ちゃんには影響ありませんか?
座るのがつらいのは大変ですね。痛みを伴っている場合、バルトリン腺炎の可能性が高い…
35週の初マタです。36週に入る前に、里帰り出産のため実家に戻る予定をしていました。しかし、戻る日の前日に、実家の母がインフルエンザを発症。とりあえず、里帰りを1週間ずらすことにしましたが、実家にはほかの家族もいるため感染してないか、家に菌が残らないかを考えると、実家に戻ることに不安を感じています。いざというときにすぐに連絡をとるべき病院にも迷いが出るため、里帰り出産をやめ、自宅近くの健診を受けていた産科での出産を検討すべきでしょうか?
インフルエンザの感染期間は、発熱した前日から発熱後の7日間だといわれています。…
現在35週ですが、赤ちゃんが推定1700gとかなり小さいです。胎動はかなりあり、元気なのですが、心配です。小さいまま生まれることでのリスクはどんなものがあるのでしょうか?
もしその推定体重が本当なら、確かに小さめですね。あなたの体格、今までの妊娠経過な…
妊娠9カ月になる妊婦なんですが、妊婦さんが美容院でカラーやパーマをかけるのは問題ないのでしょうか?カラーやパーマのお薬など胎児に影響はないですか?出産前にきれいにしたいと思ってます。
出産すると、なかなか美容院に行く時間もとれなくなるので、きれいにしておきたいです…

妊娠週数別基本情報

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

ここでは「妊娠超初期」とは妊娠が判明する前の妊娠0ー3週頃のことを指します。生理予定日付近からそれ以降に妊娠検査薬で確認することで、妊娠がわかる人が多いですが、生理予定日前から基礎体温の変化や出血・眠いなど体調の変化が感じられる人も。
そんな「妊娠超初期」の体の変化や気をつけたいことをまとめました。

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

妊娠1ヶ月

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠おめでとうございます。妊娠が判明し、ママの体は出産に向けて徐々に変化を始める時期。この頃つわりがピークを迎える人も多く、不安が大きい時期でもあります。不安なこの時期に気をつけることは?妊娠初期症状は?暮らしの中の注意事項は?妊娠がわかったころに知りたい情報をまとめました。

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠
2ヶ月
妊娠
3ヶ月
妊娠
4ヶ月

妊娠中期-妊娠16週~27週

安定期と呼ばれる妊娠5カ月以降は、胎動が感じられたり、赤ちゃんの性別が分かる人も多い時期。ほっと一息つきがちなこの時期の注意事項は?気をつけたい症状は?安心しがちなこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠中期-妊娠16週~27週

妊娠
5ヶ月
妊娠
6ヶ月
妊娠
7ヶ月

妊娠後期-妊娠28週~40週

出産まであと少し!お産のはじまりで気をつけることは?注意したい症状は?暮らしの中の注意事項は?赤ちゃんに出会える日への期待と不安が膨らむ妊娠後期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠後期-妊娠28週~40週

妊娠
8ヶ月
妊娠
9ヶ月
妊娠
10ヶ月

出産

出産まであと少し!お産のはじまりからの流れや出産方法、陣痛を乗り切るコツや方法、帝王切開についてなど、事前に知っておきたい出産のための基本情報をまとめました。

出産

妊娠後期に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。