1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠後期
  4. 妊娠後期(38週)

妊娠38週(妊娠10ヶ月)

妊婦の基本情報

お産が始まるサインを見逃さないで!

妊娠38週の症状、体の変化、赤ちゃんの成長

あとはママの体が、お産の始まりを教えてくれますよ!

出産が近づくと、いつ生まれてもいいように赤ちゃんは骨盤のほうに下がってきます。

前駆陣痛やおしるし、破水などお産が始まる兆候があることも

妊娠38週になりましたね。妊娠10カ月の3週目です。 赤ちゃんが骨盤の中に入ってきて子宮の周囲を圧迫するため、脚のつけ根や恥骨に痛みが出ることもあります。骨盤の中に下りた赤ちゃんは動きが制限されるため、出産前になると胎動が少なく感じられるかもしれませんね。 お産の準備段階として、ホルモンの働きで産道がやわらかく変化し、骨盤の関節も緩んで広がり、赤ちゃんが産道を通りやすい状態になります。 予定日が近づいたら、お産の流れをきちんと確認し、お産に対する心の準備をしっかり整えておくことも大切です。前駆陣痛やおしるし、破水といったお産の始まる兆候が、もういつ起きてもおかしくない時期です。前駆陣痛やおしるしがあっても、即お産が開始するわけではないのであわてなくても大丈夫です。破水が起きた場合は、早急に産院へ連絡しましょう。

出産が迫ってくると、みぞおち近くまで達していた子宮が下がってきます。そのため、心臓や肺への圧迫がかなり解消され、動悸や息切れなどの症状がほぼ出なくなってきます。胃もすっきりしてきて、一度にたくさん食べられるようになりますが、体重増加が激しい時期なので、おいしいからといって食べすぎには注意を。 逆に、子宮の下側に位置する膀胱への圧迫は強まるので、頻尿や尿もれの症状はよりひどくなるでしょう。お産が終わるまで、もうしばらくの我慢です。

骨盤の中に下がり、お産に向けた体位に

おなかの赤ちゃんの成長【36~40週ごろ】

●腎臓機能が成熟して、水分がしっかり処理されるようになり、肌は張りのあるピンク色になります。

●全身を覆っていた胎脂が少なくなります。皮下脂肪も十分につき、ふっくらした体つきに。

●あごを胸につけ、ひざをおなかに引き寄せ、生まれるときを待っています。

肝臓機能が成熟し、肌はピンク色に。お産が近づくと、赤ちゃんは骨盤のほうに下がってきます。いつ生まれても大丈夫なように、あごを胸につけ、おなかを引き寄せた姿勢を取ります。お産は目前です!

このころの超音波写真

へその緒の状態も確認されます

お産の前に、へその緒の状態も確認されます。赤ちゃんの首にへその緒が1回くらい巻きついていることはよくあること。さかご(骨盤位)の姿勢が戻る可能性はほとんどなくなります。

かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

妊娠38週の生活アドバイス

お産の始まりをチェックしよう

お産の始まりは人それぞれ。いざというときにあわてないようにどんな症状が現れるのかチェックしておきましょう。

お産の始まりか不安なときは、産院に連絡を

妊娠10カ月になると、産院にもよりますが、健診が1週間に一度になります。子宮口のやわらかさや、子宮頸管の長さ、赤ちゃんの元気度や下がり具合を診て、お産に備えます。妊娠経過が順調でも、お産が始まってから、思いがけずトラブルが起こる可能性もあります。医師がきちんとチェックしていますから心配はいりませんが、おなかの激しい痛みや大量の出血、頭痛やめまいなどがあるときはすぐに連絡を。また、お産の始まりかわからないときも自己判断せず、産院に連絡しましょう。

臨月に入るとおなかの張りも頻繁に起こります。不規則におなかが張るのは、陣痛の準備段階。徐々に規則的になり、持続するようであればいよいよお産の始まりです。おなかがガチガチに張ったり、いつもと違う激しい痛みがある場合は、すぐに受診を。健診のあと、少量の出血が起こったり、子宮口が開いてきたために出血が起こることもあります。生理程度の出血量ならば問題ありませんが、ナプキンをすぐ替える必要があるほどの量や、出血量が増えていくようなら即受診を。お産が始まる前に赤ちゃんを包む膜が破れ、羊水が出てきてしまうことがあります。破水といいますが、おしっこのモレと区別がつかない場合も。一度で止まらず、いつまでもちょろちょろと水が出る感覚がある場合は、受診を。自己判断は禁物です。

愛育病院センター長 中林正雄先生

妊娠38週の気がかりやトラブル・病気

臨月に入ってからの気になるトラブル2

いよいよ臨月、赤ちゃんに会える日を待つばかりと思うところですが、お産を間近に控えた時期でも、気がかりなことがあります。そのなかの一つがママの骨盤がおなかの赤ちゃんの頭の大きさよりも狭いケース。お産はどうなるのか、見ていきましょう。

児頭骨盤不均衡Q&A

Q.ママの背が高くても児頭骨盤不均衡と診断されることはあるの?
A.160cm以上あるママならまず心配ないでしょう。ママの身長が160cm以上ある場合、児頭骨盤不均衡になるケースはまずないといわれています。ただ、まれですが骨盤の形が細長かったり、歪みが強い場合、また何らかのトラブルで赤ちゃんが巨大児である場合には、背が高くても診断されることはあるかもしれません。

Q.経腟分娩の途中で児頭骨盤不均衡とわかったら?
A.途中で帝王切開分娩に切り替えます。あらかじめ児頭骨盤不均衡とわかるケースは少ないもの。ほとんどは経腟分娩を試みて、お産の進行を見ていくうちに、お産に非常に時間がかかってしまったり、お産の進行が止まってしまったりすることから児頭骨盤不均衡と診断し、帝王切開分娩に切り替えることになります。

児頭大横径(BPD)
超音波検査で赤ちゃんの頭の左右の直径を測定した数値。妊娠12~15週ごろに妊娠週数や予定日を算出するときには、この数値が基準になってきます。それ以降は赤ちゃんの発育のチェックのために測定するものです。

巨大児
外見上の異常がなく、体重が4000g以上で生まれた赤ちゃんのこと。ママが糖尿病だと巨大児になりやすいといわれていますが、実際は、それ以外のトラブルをかかえていることも多くあります。

東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学 教授 藤井知行先生

妊娠週数別基本情報

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

ここでは「妊娠超初期」とは妊娠が判明する前の妊娠0ー3週頃のことを指します。生理予定日付近からそれ以降に妊娠検査薬で確認することで、妊娠がわかる人が多いですが、生理予定日前から基礎体温の変化や出血・眠いなど体調の変化が感じられる人も。
そんな「妊娠超初期」の体の変化や気をつけたいことをまとめました。

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

妊娠1ヶ月

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠おめでとうございます。妊娠が判明し、ママの体は出産に向けて徐々に変化を始める時期。この頃つわりがピークを迎える人も多く、不安が大きい時期でもあります。不安なこの時期に気をつけることは?妊娠初期症状は?暮らしの中の注意事項は?妊娠がわかったころに知りたい情報をまとめました。

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠
2ヶ月
妊娠
3ヶ月
妊娠
4ヶ月

妊娠中期-妊娠16週~27週

安定期と呼ばれる妊娠5カ月以降は、胎動が感じられたり、赤ちゃんの性別が分かる人も多い時期。ほっと一息つきがちなこの時期の注意事項は?気をつけたい症状は?安心しがちなこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠中期-妊娠16週~27週

妊娠
5ヶ月
妊娠
6ヶ月
妊娠
7ヶ月

妊娠後期-妊娠28週~40週

出産まであと少し!お産のはじまりで気をつけることは?注意したい症状は?暮らしの中の注意事項は?赤ちゃんに出会える日への期待と不安が膨らむ妊娠後期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠後期-妊娠28週~40週

妊娠
8ヶ月
妊娠
9ヶ月
妊娠
10ヶ月

出産

出産まであと少し!お産のはじまりからの流れや出産方法、陣痛を乗り切るコツや方法、帝王切開についてなど、事前に知っておきたい出産のための基本情報をまとめました。

出産

妊娠後期(38週) ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

妊娠38週です。先日の健診で子宮口が3cm程開き始めていると言われました。赤ちゃんは2367gで1週間分くらい小さいと言われているため、まだ生まれないようにしないといけないと思っています。最近はおなかの張りが強いことも多く心配です。あまり気にせず、普段どおり過ごしていて大丈夫でしょうか?
妊娠38週なら正期産の時期に入っていますから、いつ生まれてもおかしくない状況です…
38週の初産婦(しょさんぷ)です。私は身長が148cmで小柄で骨盤も狭いようです。赤ちゃんは現在2450gで小ぶりなほうだと言われました。今日の健診で、「赤ちゃんがまだまだ下がってきていなくてしばらく生まれそうにない」とのことだったのですが、これ以上赤ちゃんが大きくなったり私の体重が増えてしまうとリスクが高まるので帝王切開になるかもと言われました。できるだけ経腟分娩で産みたいのですが、難しいのでしょうか?お産を早めるには歩くなどの方法しかないですか?
小柄なママからは比較的小さめの赤ちゃんが生まれる傾向がありますが、パパが大柄な人…
38週の初産婦です。予定日が近づくにつれ、会陰切開(えいんせっかい)が恐ろしくてしょうがなくなってきました。よく切られるのも縫われるのもわからなかったという話が雑誌や本に載っていますが、私の周辺の経産婦さんのほとんどが、とにかく縫われるのが死ぬほど痛かったと言います。陣痛より痛かったと言う友だちもいるくらいです。怖くなって少し前から会陰マッサージを毎日していますが、効果があるのかいまいちよくわかりません。
不安なことについては助産師と話をすることが大切です。たしかに初産婦さんの場合、…
妊娠38週の経産婦(けいさんぷ)です。いまだにおなかの形が変形するほど激しい胎動があります。先週の健診で赤ちゃんは2800g超えで少し大きめと言われ、頭も大きめと言われているのであまり大きくなりすぎないでほしいのですが、胎動があるということはまだまだなのでしょうか…。ちなみに、体重管理で朝と夜にマタニティエアロビクス、昼にマタニティ用のダンス、夕方は息子と散歩をするようにしてます。運動も関係しているのでしょうか。
お産が近くなると胎動が減るといわれていますが、これは赤ちゃんの頭が骨盤の中に下が…
現在38週の初産婦です。夫がせきと鼻詰まりの風邪をひいていてそれがうつったみたいです。熱は37.2度と微熱です。先日の健診では子宮口が1cm開いていて順調と言われ、もうすぐ出産だとドキドキしてましたが、このまま薬を使わず、おでこを冷やしたり睡眠で耐えるしかありませんか?いつ産気づくかわからない状態ですが、ゆっくり温まりながら過ごすのがいいのか、病院に行き指示を仰いだほうがいいのか教えてください。
今のところ微熱のようですので、しっかり栄養をとり、温かくして休養するようにしまし…

妊娠後期に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。