1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠後期
  4. 妊娠29週

妊娠29週 妊娠8ヶ月

【医師監修】妊娠29週 妊婦の基本情報

後期の不快症状を乗りきろう

妊娠29週の妊婦の症状、体の変化、赤ちゃんの成長

監修医師:かしわざき産婦人科 柏崎香織先生

赤ちゃんは羊水を飲み込みながら、呼吸のような運動をしています。

聴覚が発達しているので、夫婦でどんどん語りかけましょう。ママのおなかは、さらに大きく重くなってきます。

妊娠後期に入り、お産が近づくと、おりものが増えていくことも

妊娠29週になりましたね。妊娠8カ月の2週目です。 妊娠8カ月ともなると、おなかの中で赤ちゃんがどういう向きでいるのか、ママ自身にもわかるようになります。 妊娠中は、ホルモンの変化に伴い、おりものの量が増えやすくなります。後期に入りお産が近づくと、再度増えやすくなることも。量が増えること以外で、においや色などに普段と違う変化が現れたら、産院で相談しましょう。 子宮のてっぺん(子宮底)は、おへそとみぞおちの間くらいまで達します。せり出したおなかのせいで足元がさらに見えづらくなってくるので、とくに段差のある場所を歩くときは、足元を確認しながらゆっくり行動するようにしましょう。

そろそろ手足がむくんできていませんか? 妊娠後期に入ると、下大静脈が子宮に圧迫されて血流が悪くなり、手足がむくみやすくなったり、静脈瘤ができてしまったりすることがあります。とくに、妊娠中は体内の水分量がどんどん増えていくので、むくみが見られるママは多いでしょう。夕方から夜にかけてむくみが生じても、朝起きたら治まっている程度なら、生理的な範囲内の症状なのでまず大丈夫です。 時々、おなかが張ってくるようになりましたか? 妊娠後期は、生理的におなかが張りやすくなり、回数も徐々に増えていきます。歩いたり動き回ったりして、突然おなかが張ってきても、しばらく安静にして症状が落ち着いてくるようなら、まず心配はないでしょう。

誕生後に備えて、肺呼吸の練習を始めます

おなかの赤ちゃんの成長【28~31週ごろ】

●心臓や肺、腎臓などの内臓器官や脳などの中枢神経の機能が充実してきます。

●聴覚がほぼ完成します。

●骨髄の働きもほぼ完全になります。

●誕生に備えて、横隔膜を上下させ呼吸に似た動き(呼吸様運動)をし始めます。

●体が大きくなるため、多くの赤ちゃんは広い骨盤の中に、大きな頭やおしりを入れて、たての向きになります。

赤ちゃんは横隔膜を上下させる呼吸様運動をし始めます。これは外界に出たときの呼吸の動きに似ています。聴覚がほぼ完成し、赤ちゃんへ語りかけるチャンスです。体も成長し、たて向きに位置するでしょう。

妊娠29週ころの超音波写真

心臓の弁や心拍数なども確認されます

赤ちゃんの胸あたりの断面で、心臓の中に左右の心室と心房が見えます。手前にあるのは、左右の肺。心臓の各部屋の大きさ、弁の動き、心拍数なども超音波でチェックされます。

妊娠29週の生活アドバイス

監修医師:愛育病院センター長 中林正雄先生

育児用品を準備しよう

育児用品はこまごましたものが多いので、必要なもののチェックリストを用意しましょう。レンタルやお下がりできるものはどんどん利用して、賢く準備!

体調に合わせて少しずつ育児用品を購入しよう

生まれてくる赤ちゃんのためにいろいろなグッズをそろえるのは楽しいものです。かわいいもの、便利なもの、たくさんあって何を選んだらいいかわからないママも多いのでは? 気をつけないと、買いすぎて結局使わなかったということにもなりかねません。必要最低限、用意すればいいものは何か、買わずに用意できるものはないか、買うにしても安く手に入れる方法はないかなど、無駄なくそろえられるように、情報収集しましょう。 また、買い物にはパパも一緒に行くと、産後に買いたす必要が出たときに、1人で買い物に出かけても迷わないで済みます。ママの体調をみながら、少しずつ育児用品をそろえていくと無理がありません。

予定日近くなってあわてて育児用品の準備をすると、買い忘れが出てくることも。早めに準備をしておくにこしたことはありません。育児用品を売っているお店は多々ありますから、散歩を兼ねて出かけてみて、どんなものがあるかリサーチ。値段もチェックすると、同じ商品でもどこがお買い得かわかります。 すでに赤ちゃんがいる友だちに、使ってよかったものや産後でも間に合うものを聞いてみてもいいでしょう。調べた上で、自分に必要なものは何かリストを作って買い物を始めるとスムーズです。

育児用品お買い物ステップ

リストを作ってみましょう。ざっくりと必要そうなもの、気になるものをリストにして書き出してみましょう。このときは値段や買う数はあまり気にせず、大まかに。

育児用品を売っているお店をいくつかまわってみましょう。商品を手にとって使い勝手を調べたり、お店の特徴や相場、底値もチェックして。お下がりでもらえるものや、借りるものなどのあたりをつけ、最終的に何を買うのかリストをしぼって買い物を開始。一度にたくさんは無理ですから、少しずつ買うように。

どこでどうやってそろえるか

育児用品を置いてあるお店はたくさんあります。紙おむつや粉ミルクなどの消耗品はドラッグストアやホームセンターが安くて豊富な場合もありますし、スーパーでベビーカーがお買い得になる場合も。置いてあるグッズによってお店を使い分けるのが賢い買い物術です。

また、リース会社や友だちから借りる方法もあります。買うか借りるか、買うにしてもどこで買うかで費用に差が。さまざまな方法を検討して、少しでも安く必要なものをそろえましょう。

もらえそうなものは?

最近は両親にあらかじめお祝いをリクエストするママも多いよう。チャイルドシートやベビーベッドなど、大型で高額なものをおねだりする傾向が。初めから当てにするのは考え物ですが、一度、聞いてみるのも手。

ほかにも、粉ミルクや哺乳びんは退院時に産院からもらえる場合も。事前に確認しておくといいでしょう。

借りられるものは?

ベビーベッドなど使う期間が短く、場所をとる育児用品はリース会社で借りることも検討してみましょう。借りるときには早めの予約がおすすめです。

また、出産経験のある友だちから借りられる育児用品がないかも聞いてみましょう。不要なものは失礼のないようにお断りし、大きいものは慎重に検討しましょう。

買うときのコツ

新品を買うときは、近くのお店をまわって値段を調べたり、チラシを確認するなどして、価格を比較してみましょう。また、大型商品はモデルチェンジして以前のモデルが安く販売されることも。 中古品を検討する場合には、使用状態や破損がないかをチェック。見合った価格かどうかもきちんと見極めましょう。

スーパーや赤ちゃん用品専門店、ドラッグストアのチラシは要チェック。数回見ていると、安くなるサイクルや価格の底値がわかってきます。紙おむつや粉ミルクなどの消耗品はなるべく安く購入したいものです。通販やインターネットで商品を買うと、実際の商品がわからず、イメージと違うということも。返品が可能か、返品の送料は自己負担かなどをチェック。オークションは使用状態など納得した上で落札を。落札の手順はマナーを守って。フリーマーケットやリサイクルショップは、どちらも掘り出し物が見つかる楽しみがあります。ですが、中古品ですから、商品の状態や破損がないかをよくチェックしましょう。説明書がない場合もあるので、使い方や気になることは出店者、店員によく確認を。多くの自治体で、チャイルドシートの購入額を一部補助する制度を行っています。補助額や対象となる条件が自治体により異なりますから、住んでいる市区町村役場に確認をして、購入するようにしましょう。

妊娠29週の気がかりやトラブル・病気

監修医師:東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学 教授 藤井知行先生

気をつけたい羊水のトラブル

羊水はおなかの赤ちゃんを守ってくれるクッションのようなもの。まだおなかの赤ちゃんが小さいときは、プカプカ浮かんだり、自由に手足を動かしたり。羊水の量は、常に適切な量に保たれていますが、これが違うとトラブルが潜んでいる可能性が高くなります。

●羊水過多

気をつけたい時期 妊娠28~36週

★どんな状態?
羊水の量が多くなっている状態
常におなかの中を満たしている羊水ですが、中身は赤ちゃんの尿で、妊娠後期には500mlほどになります。これが800mlを超えた場合に、羊水過多といいます。羊水過多になると急激に子宮が大きくなり、おなかが張りやすくなる、動悸、呼吸困難、足のむくみなどが見られます。羊水過多が原因でこうした症状が出た場合、羊水過多症といいます。

羊水過多の原因
・ 髄膜瘤(赤ちゃんの髄液がもれている)
・ 胎児食道閉鎖などの消化管異常
・ 嚥下障害で尿を飲み込めない状態
・ 巨大児(ママの糖尿病や妊娠高血圧症候群などによる)

★どうすればいいの?
羊水をおなかから抜くことも
産院では、超音波検査で羊水の量を測ります。羊水過多で、ママに呼吸困難などの症状が出た時には羊水穿刺で、羊水を抜くこともありますが、数日以内に再び羊水量は元に戻ってしまいます。いずれにしても重症の場合は、ママはできるだけ安静にして過ごしましょう。その後はママとおなかの赤ちゃんの安全を最優先にしながら慎重に経過をみていきます。

★赤ちゃんへの影響は?
早産などの恐れがあります
羊水過多では、赤ちゃんの体の向きがくるくると変わりやすいため、さかごになるなど赤ちゃんの位置が一定しにくくなります。週数に比べておなかが大きいため、子宮が圧迫されておなかの張りが強くなり、子宮収縮が起こって早産や前期破水を引き起こす恐れもあります。母子の状態を見ながら、子宮内の環境が悪い場合には、早めにお産に持っていくことも多いでしょう。

●羊水過少

気をつけたい時期 妊娠28~36週

★どんな状態?
羊水の量が少なくなっている状態
妊娠後期の羊水の量が100ml以下の状態を羊水過少といいます。羊水過少になると、週数に比べておなかが小さく、胎動が強く感じられることがあります。羊水過多に比べて、自覚症状が少ないため、健診での超音波検査で羊水の量を測って初めてわかる人も多いでしょう。

羊水過少の原因
・ 胎児の尿路がつまっている
・ 胎児の腎臓の奇形
・ 胎盤機能の低下
・ 前期破水

★どうすればいい?
赤ちゃんが元気でいるか胎動をチェックして
超音波検査で羊水過少とわかったら、慎重に経過を診ていきます。ママ自身ができることは、胎動のチェックをすること。子宮内の環境が悪く、赤ちゃんに何らかのトラブルがあることがほとんどなので、常に元気でいるかどうかを確かめてあげましょう。重症のケースでは、人工羊水を注入することもあります。

★赤ちゃんへの影響は?
必要に応じて早めに出産させることも
羊水過少では、赤ちゃんの体になんらかの問題があるために、赤ちゃんの体内を循環する血液量が少なくなったり、発育不全が見られることが多くあります。そのため、赤ちゃんの元気がなくなってくることも。経過を診ながら赤ちゃんの安全を最優先し、必要に応じて、早めに赤ちゃんを子宮外へ出してあげることもあります。

妊娠29週 ママの悩みQ&A

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長、体重管理や体の悩みについて、育児中は赤ちゃんの発育、予防接種や健診、母乳・ミルク・離乳食、お世話や遊びなどなど、いろんな疑問や不安を抱えています。そんな妊娠中から育児中のママたちのお悩みに、産婦人科や小児科の医師、助産師、保育士など各分野の専門家がていねいにお答えします。

初めての妊娠で29週です。今週の健診でさかごが戻っていないと言われ、毎日超音波検査に通っています。いろいろと調べてみると、赤ちゃんに異常がある可能性もあるとか……。初めてなので不安でたまりません。さかごになる原因はどんなことがありますか?
さかごになる原因はさまざまです。母体側の原因としては、…
29週の初産婦です。よく友だちが、おなかの赤ちゃんがしゃっくりしているのがわかると言っていたのを聞いて、定期的にポコポコいっているのをしゃっくりだと思っていますが本当にそうなのでしょうか?またその頻度がすごく多くて、そんなにしゃっくりばかりしていて赤ちゃんは大丈夫なのか心配です。
定期的にポコポコと感じているならしゃっくりの可能性が高いですね。…
29週の初産婦です。私は野菜が苦手で妊娠初期から毎日、ほうれん草を使ったスムージーを作って飲んでいました。妊婦雑誌やスムージーのレシピを見てほうれん草は洗って生のまま入れていましたが、最近、ほうれん草にはシュウ酸が入ってるので、生ではなく火を通したほうがいいと知りました。よかれと思って毎日のように飲んでいますが、生のままでよいのでしょうか?
野菜が苦手なのですね。ほうれん草に限らず、生野菜は体を冷やしてしまいます。…
29週の初マタです。先日から風邪をひいてしまい、せきが止まりません。健診のときにせき止めと扁桃腺(へんとうせん)の腫(は)れを抑える薬を処方してもらいましたが、あまり効いているようにも思えず……。熱はまだありません。とにかくのどの痛みとせきがひどいのですが、せきで腹圧がかかるのでおなかの赤ちゃんが心配です。薬もほんとに飲んで大丈夫なのか、心配だらけです。
おなかの赤ちゃんは子宮と羊水で守られているので、…
29週の初産婦です。26週と28週の健診で胎児の頭の大きさと胴回りが大きいみたいで、推定体重が範囲ギリギリと言われました。範囲を超えて成長していけば胎児に問題でもあるのでしょうか。それとも遺伝なのでしょうか?ちなみに私の出生体重は37週で2800g。主人は4000g近くあったそうです。妊娠してからの体重増加はプラス4.3kgで、糖負荷試験は問題ありませんでした。
赤ちゃんの大きさは、遺伝と子宮内の環境によるものがほとんどです。…

妊娠週数別基本情報

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

ここでは「妊娠超初期」とは妊娠が判明する前の妊娠0ー3週頃のことを指します。生理予定日付近からそれ以降に妊娠検査薬で確認することで、妊娠がわかる人が多いですが、生理予定日前から基礎体温の変化や出血・眠いなど体調の変化が感じられる人も。
そんな「妊娠超初期」の体の変化や気をつけたいことをまとめました。

妊娠超初期-妊娠0週、1週、2週、3週

妊娠1ヶ月

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠おめでとうございます。妊娠が判明し、ママの体は出産に向けて徐々に変化を始める時期。この頃つわりがピークを迎える人も多く、不安が大きい時期でもあります。不安なこの時期に気をつけることは?妊娠初期症状は?暮らしの中の注意事項は?妊娠がわかったころに知りたい情報をまとめました。

妊娠初期-妊娠4週~15週

妊娠2ヶ月
妊娠3ヶ月
妊娠4ヶ月

妊娠中期-妊娠16週~27週

安定期と呼ばれる妊娠5カ月以降は、胎動が感じられたり、赤ちゃんの性別が分かる人も多い時期。ほっと一息つきがちなこの時期の注意事項は?気をつけたい症状は?安心しがちなこの時期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠中期-妊娠16週~27週

妊娠5ヶ月
妊娠6ヶ月
妊娠7ヶ月

妊娠後期-妊娠28週~40週

出産まであと少し!お産のはじまりで気をつけることは?注意したい症状は?暮らしの中の注意事項は?赤ちゃんに出会える日への期待と不安が膨らむ妊娠後期に知っておきたい情報をまとめました。

妊娠後期-妊娠28週~40週

妊娠8ヶ月
妊娠9ヶ月
妊娠10ヶ月

出産

出産まであと少し!お産のはじまりからの流れや出産方法、陣痛を乗り切るコツや方法、帝王切開についてなど、事前に知っておきたい出産のための基本情報をまとめました。

出産

妊娠後期に関する用語

「たまひよ用語辞典」は、多くのママに好評の「たまひよ大百科シリーズ」を元に、たまひよnet向けに、短い時間で簡潔に概要がつかめるようにと全て一から編集した、みなさまのための用語集です。 用語は、「出産用語」「産後の体用語」「新生児のお世話用語」に分かれています。気になる部分を選んで、読み進めていってくださいね。